【障害者】優先席の「優先順位」が分からない 障害持つ人が杖ついた人に席譲ったけれど…

「優先席の優先順位って何だと思いますか?」。こんな質問が2019年3月14日、女性向けウェブ掲示板「ガールズちゃんねる」 に投じられた。

トピックを立てた女性は「障害がありヘルプマークをつけている」。

ある日電車の優先席に座っていたところ杖をついた人が乗ってきたが、周りは誰も席を譲らなかったため、自分が譲ったのだという。

「譲ることを前提に座る」、「落ち着かないから座らない」

「周りの人が健常者かどうかは分からないし、体調不良で座ってるかもしれませんが。皆さん優先席って座りますか?

ヘルプマークやマタニティマークをつけてる方、譲ってもらうことはありますか?」

続いて女性はこう書き込み、「優先席の優先順位」を問いかけ。                                                                                                「赤地に白十字と白ハート」のヘルプマークは、外見はわからなくても援助や配慮を必要としている人が、周囲の配慮が必要であることを知らせ、サポートを得やすくするものだ。

東京都福祉保健局のウェブサイト内にある「ヘルプマーク」のページには「ヘルプマークを身に着けた方を見かけたら電車・バスの中で、席をお譲りください」とある。

女性の質問に対し、さまざまな意見が集まった。優先席に「座る」という派からは

「優先席は普通に座ります 目の前に該当する方がいたら譲りますが正直見た目だけで判断はなかなか難しい」
「私は空いていたら座ります。必要な人がいたら一番に譲ります」
との声が寄せられた。一方、「座らない」人たちからは「譲るのが嫌だから優先席には近寄らないし座らない」、「私は絶対座らない派です。座ったとしても気持ちが落ち着かない」などのコメント。またヘルプマークやマタニティマークをつけた経験のある人たちからは、以下のような話があった。

「優先席では席を譲るべきだと思う」人は減少傾向

乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を提供するヴァル研究所が優先席にまつわる興味深い調査結果を16年11月28日に公表している。10~70代の男女3413人を対象に行われた「ゆずりあい精神の意識調査」の内容だ。

まず「あなたは優先席では席を譲るべきだと思いますか」という問いに対し、「はい」と答えたのは75.9%だった。これだけ見ると多いと感じるかもしれないが、13年実施の同様の調査では9割以上が「はい」と答えているため、前回比17.1%減だ。「どちらともいえない」は15.5%で同9.5%増、「いいえ」は8.6%で同7.6%増となった。

https://www.j-cast.com/trend/2019/03/15352816.html?p=all J-CASTトレンドより引用

 

優先席は優先されるべき人が色々種類いるだけに、譲りにくいところあるのかもしれません。

ヘルプマークもまだ浸透されてきてないし、「見えない障害」だと余計考えちゃいますよね。

ヘルプマークを私は持ったり持たなかったりしてますが、せめてそこだけでもチェックして欲しい…とは思いますが。

なかなか浸透し治ないヘルプマークの意味。わかっている人わかっているんですけどね。

私も優先席該当者ですが、普通にお年寄りがのりこできたら譲ってしまうかも。

見えない障害を持つ人は私だけじゃないから、ヘルプマークはありがたいんですけどね。

身体の障害者に比べて見えない障害ですから、このへんは厳しいですね。

よほど体の調子が良くないと今は譲ってもらえない時代なのかな…。

 

 


今は4つのマークではなく、5つマークなんですよー内部障害者も含んでます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です