【茨城水戸情報】輝く黄色、早咲きスイセン ひたち海浜公園で見頃迎える

ひたちなか市馬渡の国営ひたち海浜公園で、暖冬の影響から、早咲きのスイセンが例年より3週間も早く見頃を迎えている。

同公園によると、スイセンの成長期となる1月の気温が高かったことから開花も早まったという。今年は3月上旬ごろまで楽しめるという。

同園内「スイセンの丘」では極早生(わせ)品種のスイセン約2万3千本が咲き、辺り一面、まぶしいほどの黄色に染めている。

24日は多くの来園者がスイセンの前で足を止め、写真撮影などを楽しんだ。

https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15825499190913 茨城新聞クロスアイから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギの方のTです。

ネモフィラで有名な国営ひたち海浜公園。今は黄色い早咲きスイセンが見頃。

個人的に黄色い花というと菜の花のイメージですが…スイセンというのもいいですね。

黄色って元気が出るビビットカラー。目立つ色でもありますね。

黄色一色なスイセンの丘…きれいでしょうね。

だから国営なんだし、駐車場代安くしてくれ…と思うウサギの方のTです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です