【茨城水戸情報】茨城空港アクセス道路、全線開通 東京方面からアクセス向上

茨城空港アクセス道路は2021年6月16日(水)14時、小美玉市竹原から竹原中郷の2キロメートル(km)区間が開通し、全線開通しました。
この2kmの開通で、石岡小美玉スマートICから茨城空港の旅客ターミナルまでアクセスでき、これまでより高速道路を降りてからのアクセス時間が短縮されます。

東京都心方面からアクセスする場合、常磐道三郷ICから千代田石岡ICまでおよそ35分、千代田石岡ICから石岡小美玉スマートICを経由して茨城空港まで19分となります。
千代田石岡ICから国道6号、国道355号を経由してアクセスする場合より16分短縮できます。

この開通により、人口の多い東京北部、千葉、埼玉などからのアクセスだけでなく、水戸市や宇都宮市から自家用車の利便性が高まります。

https://flyteam.jp/news/article/132966 Fly Teamから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

茨城空港アクセス道路の全線開通で、利便性が良くなりそうですね。

茨城空港、計画の発足時から「茨城に空港は要らない」と反対派が多数でしたが、今となっては茨城の名所の一つ。

コロナが無かった頃は国際便も飛んでましたからね。最初は神戸線位しかなかったですが、どんどん便も増えていきました。

沖縄、北海道、名古屋とか本当に増えました。

東日本大震災の大震災もかなり被害を被ったものの、見事に復活して飛行機を送り出していました。

今はコロナ禍でなかなか動けない感じですが、それでもこの全線開通は最初から見越していた東京からのアクセス向上になるでしょう。

何気に茨城空港ドラマや映画でも使われてたりする舞台だったりしますし、

コロナ禍でも活躍してくれる…かな?

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です