【茨城水戸情報】茨城空港、海外向け愛称は「Ibaraki」に 「Tokyo」は県民反対

茨城県は5日、茨城空港(小美玉市)の海外向けの愛称を「Ibaraki International Airport」に決めたと発表した。

県の有識者会議は「Tokyo」を冠する最終候補案を提示していたが、県民の多くは反対だと判断して見送った。国内向けの愛称は「茨城空港」のままとする。
愛称を検討する有識者会議は今年1月、海外での知名度向上を目指して設置され、3月には海外向けの愛称として「Tokyo」や「Metropolitan」を使った六つの候補案を提示。5月末、東京への近さをアピールできるとして「Tokyo Ibaraki International Airport」を最終候補案に選んだ。

一方、県がパブリックコメントを実施したところ、「東京に非常に近接していると誤解を与える」「東京の名前を冠するのはいかがなものか」といった否定的な意見が60人から寄せられた。

インターネット上でも反対する意見が相次いだ。

大井川和彦知事は「反対一色」と最終候補案を退けた上で、六つの候補案の中から「シンプルで分かりやすい」として選んだ。今後は海外の航空会社との営業交渉などで、愛称を使用する。
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/茨城空港、海外向け愛称は「ibaraki」に-「tokyo」は県民反対/ar-BB156nBy MSNニュース/毎日新聞より引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギの方のTです。

こちらでも記事を書きましたが、私も大反対でした。なんで全く繋がりもない「東京」という文字をもってくるのかと。

無理矢理感しかない気がしていましたが、私だけだけではなかったようで「反対一色」の中、「Ibaraki International Airport」に落ち着いた…という話です。

最初から層だったら別に反対してなかったのに…何なんでしょうね…「東京」という場所・言葉への寄りかかりあまりにも…(-_-;)

何だか情けないなあ…orz

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です