【茨城水戸情報】茨城県中央保健所 車降りず、新型コロナPCR検査 ドライブスルー導入

新型コロナウイルスに感染したかどうかを調べるPCR検査について、茨城県は21日までに、車に乗ったまま検査を受られる「ドライブスルー方式」を始めた。実施場所は水戸市笠原町の「いばらき予防医学プラザ」駐車場。感染拡大で業務量が増えている医療機関の負担を軽減し、検査態勢を拡充するのが目的だ。

併せて、県衛生研究所(同市)は同日までに、PCR検査装置を新型コロナ向けに1台追加。1日当たりの実施可能件数を200件に増やした。

ドライブスルー方式を実施するのは県中央保健所(水戸市)。県内医療機関約10カ所が既に採用しており、保健所は初めてとなる。

対象は同保健所の「帰国者・接触者相談センター」に相談があった人のうち、感染疑いがあるとして医師が必要と認めた人。

17日から開始し、毎週火、水、金曜日の午後に実施する。笠間市立病院が医師を派遣し、1日最大6人を受け入れる。

21日、県が検査手順を公開した。医師と保健師の2人は、対象者を車に乗せたまま、窓越しに綿棒で鼻の奥から粘液を取る。1人5分程度で済む。

対応する医師らは感染防護用のつなぎスーツの上にガウンを着用し、二重の手袋、マスクやフェイスシールドを着けて対応する。

対象者はいったん帰宅してもらい、検査結果を翌日連絡する。同日は5人が実際に利用した。

同保健所の山口文子・地域保健調整監兼保健指導課長は「入院患者が増えているので(検体採取も行う)医療機関の外来の負担を軽減したい。感染防止に注意しながら取り組んでいきたい」と話した。

また、県衛生研究所は同日までにPCR検査装置を新型コロナに1台振り向け、計4台での運用を始めた。

https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15874723377058 茨城新聞クロスアイから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギの方のTです。

PCR検査がドライブスルーで受けられるというのはかなり画期的です。

私は車がないので、利用することはないでしょうけど…orz茨城は車社会。この方法はいいですね。

コロナ感染の有無はPCR検査が絶対ですからね。1人5分程度で車を降りずにサクサクと進められるならいいことだと思います。

まだまだ予断を許さない新型コロナ。迅速な対応が求められてます・・・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です