【茨城水戸情報】“好評”干しいも自販機 農家の黒沢さん考案 ひたち海浜公園 近くに登場

ひたちなか市馬渡の国営ひたち海浜公園にほど近い国道245号沿いに、一風変わった自動販売機が登場し人気を呼んでいる。
その陳列棚には、おなじみのペットボトルのお茶や缶のコーラと並び、干しいもの姿も。
この一帯は干しいもの一大産地。設置したのは、近くの農家の黒沢太加志さん(43)で「県外の人にも味わってほしい」と期待する。

「売れ行きは想定以上。これほどとは思ってなかったので驚いた」

黒沢さんは、自販機のインパクトをそう表現する。赤と黒のチェック柄にあしらわれたオリジナルの自販機は一月に設置された。

近くには、ネモフィラやコキアなどで有名な国営ひたち海浜公園のほか、大型商業施設もあり、県外客も多く訪れる。
県外の新規顧客を増やそうと車から見える国道沿いに設置した結果、最初の一カ月で干しいもが千個も売れた。

販売されているのは、半生に近い「平干し」(百七十グラム)と、とろっとした口溶けが特徴で一口サイズの「丸干し」(百四十グラム)の二種類で各六百五十円だ。

市によると、市内と那珂市、東海村の生産農家などでつくるひたちなか・東海・那珂ほしいも協議会に所属する五百七十六軒の農家の中で、自販機による干しいも販売は初めてとみられる。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/99680 東京新聞TOKYO WEBから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

干しいもの自販機!さすが茨城って感じですね。

ペットボトルや缶ジュースと並んで干しいもが並んでいるなんて、凄いです。

ひたちなかといえば干しいもの一大産地ですからね。

しかもひたち海浜公園の近くとか。これは県外客の利用も見込まれますね。

実際売れまくってるみたいですし、良いことですね。

コロナ禍の影響を受けるかもしれないですけど、それでも順調に売り上げ伸ばしてほしいですね。

海浜公園の近くなら、県内からも行きますしね!

茨城の干しいも食べて欲しいです。美味しいですから!!

私もここの自販機寄って買ってみたいです!

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です