【茨城水戸情報】《新型コロナ・感染拡大防止》茨城県51施設、利用休止 偕楽園など、5月6日まで

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、茨城県は13日、水戸市の「ザ・ヒロサワ・シティ会館」や「偕楽園」など、県有51施設の利用を14日までに休止すると発表した。

5月6日まで。「感染拡大要注意市町村」の対象地域を県内全域に広げたことに伴い、施設利用の制限も拡大した。

このほか利用を休止するのは、県フラワーパーク(石岡市)▽竜神大吊橋(常陸太田市)▽笠松運動公園(ひたちなか市)▽大洗マリンタワー(大洗町)▽袋田の滝観瀑(かんばく)台(大子町)-など。

また、国民宿舎「鵜の岬」など宿泊施設の新たな予約受け付けは停止する。併せて、国が緊急事態宣言を出した7都府県からの利用については予約を取り消す。

https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15867795213796 茨城新聞クロスアイから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギの方のTです。

収束をみせるばかりか、どんどん感染が広がっていく新型コロナウイルス。

施設利用の制限も拡大されました。

人気の宿、「鵜の岬」も予約停止。

国が緊急事態宣言を出した7都道府県の利用については予約取り消しと。

制限がきつくなっていきますね。ひたすらSTAY HOMEおうちで過ごそう…って感じですね…。

見えない敵、新コロナウイルス怖いです…。ひたすら手洗い・うがい頑張らなくては…

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です