【潜在意識】セルフイメージを高める方法

どうも、就労移行支援を受けているMです。

皆さんは自分自身に対して、どんなイメージを持っていますか?

ポジティブですか?それともネガティブ?

以前にも投稿した通り、実は皆さんが今見ている現実は自分自身のセルフイメージが関係しているんです。

 

 

セルフイメージとは、文字通り自分自身のイメージ、自分が思い込んでいる自分です。

私たちは、このイメージ通りに生きています。

その思い込み(セルフイメージ)を変え、潜在意識を活用して人生を充実させるための7つの方法をご紹介していきたいと思います。

潜在意識が劇的に変わるセルフイメージを変える7つの方法

小さなことから習慣化してみる

潜在意識というのは、強く意識を集中させたり、いつも思っていることに強く影響を受けます。

例えば、年のはじめに毎日日記を書こうと思っても、自分は三日坊主だから何をやっても続かないというセルフイメージを持っていると、それを習慣化することができず、毎年同じように三日坊主で終わってしまうのです。

今まで出来なかったいくつかの小さな事を習慣化させれば、自分に『何でもやればできる』というセルフイメージがついてきます。

自分に厳しい目標を課さない

もっと人生を有意義に過ごしたいと思う時、つい目標を高く設定しがちです。

目指すところが高すぎると、なかなか達成出来ない自分に、焦ったり失望したりして、自分をだめな人間だと思い込んでしまうことがあります。

ですが、セルフイメージをポジティブにするには、自分に自信をつけることが一番なのです。

ですから、最初からあまりに高い所を目指すのではなく、今の自分が達成できる目標を立ててみてください。

その目標が達成できたら、次の目標を立てて、達成できたらまた次の目標を立てて・・・を繰り返すことにより、自分が考え実行したことは、『必ず実現する』ということが潜在意識に刻み込まれていき、結果的にもっと大きな目標へ、たどりつく事ができるようになります。

肯定的に考えるくせをつけることでセルフイメージを変えていく

上でも触れましたが、潜在意識は、繰り返し思うことに強い影響を受けます。

ですから、自分の周りで起こったことを常にポジティブに考えることで、今までのセルフイメージを書き換えることができます。

自分はツイている人間だ、幸せな人間だと、常に思う習慣づけが、潜在意識にも働いて、ツイている・幸せな自分という現実を引き寄せます。

自分の言葉に力をつけるために行動をする

日本では古来より、言葉には力が宿るとする『言霊』という考え方があります。

声に出した言葉は、現実の世界に影響を与えるということです。

ですが、言葉だけではセルフイメージが変わるわけではなく、言葉とそれを実行する行動の繰り返しが必要になります。

例えば、先ほどの日記を毎日書くという目標を立てたとします。

毎日日記を書くということを紙に書き出して目に留まる場所に貼っておきます。

そして、それを何度も口にしてみます。

それから何十年後かの自分が、日記を読み返して、懐かしんでいるところを想像しながら日記を書いてみてください。

すると、だんだん日記を書くことが習慣化されていき、日が経つごとに書かないと気が済まなくなってきます。

とても小さな目標かもしれませんが、目標を達成したという積み重ねが『自分の言ったことは現実になるのだ』と分かり、自分の事は自分で決められるという大きな自信にもつながっていきます。

周りの人や物を自分を写す鏡だと思う

他人から嫌だなという感情を受け取った時、あなたもそれを感じてその人に対して、自分もイヤという感情を返したり、逆に感謝されるとうれしい気分になってその感情を相手に返していませんか?

それは相手が放った感情を、自分が鏡となってそのまま跳ね返しているということなのです。

あなたが誰かを褒めるとその跳ね返ったポジティブなエネルギーは潜在意識に入ってきます。

つまり誰かのことを褒めながら

あなたは優しい人ね=私はやさしい人(自分の潜在意識はこう受け取る)

と自分を褒めていることになるのです。

目標を実現したというところにフォーカスする

あなたの目標はなんですか? 会社を興すことですか、それともダイエットしてスリムになることですか?

もし目標が見つからない時は、興味のある事やものを目の前にもってきてみれば(写真や本など)だんだん見えてきます。

その見えて来た目標をできるだけ具体的に考えて、それを視覚化します。

そして、目標は実現したと考えながら行動をおこしてみます。

毎日目標を実現させるために、今日一日どんなことをすればいいのかを考え行動することが、潜在意識へ強力に働きかける一番の近道です。

目標を実現したというところに意識をフォーカスしていけば、過程を効率的に考えることができるようになります。

疲れたら休んでリフレッシュしましょう

考え事をしていてどうにも煮詰まったので昼寝をしたり、散歩しながらボーッすることで気分転換をしたら、いい案が浮かんだということがあります。

そんなときは、潜在意識が考えを整理して、答えを導いてくれていたのです。

ですから、良い案が浮かばないと思ったら、一度考えるのを止め、ちょっと休んでリフレッシュしてみてください。

【引用元】https://serendipity-japan.com/selfimage-405.html

 

 

周りの人は自分の鏡、と潜在意識の達人たちはよく言います。

本当にその通りなんですよね(汗)

自分の本心が分からない時に書き出してみると、本当そっくりそのまんま(笑)

なかなか面白いなぁと思いました。

行動は気付いたらしちゃうもんだと思います(byにったんさんより)

私はエナベル来る以前からポジティブな方向にフォーカスし積み重ねてきました。

さらに最近はアファや呟き日記で一人夢小説みたいなものをやったりして更に自分自身の心を豊かにしていってます。

寝る前には必ず「今日も一日楽しく素敵な一日だった!明日ももっと楽しく素敵な一日になっている!」と呟き日記に書いています(休日忘れがち)

自分の心がポジティブで満たされていくと、どんなことがあっても、あー今日は色々あったけど一日楽しかったなぁと満たされた気持ちになるわけです。

引用元にも書いてある通り、思考で疲れた時は無理せず休みましょう。

自分自身のことは自分が一番の味方になってあげれば良いのです。

現実を少しでも豊かにしたい!そう考えていらっしゃる方は是非実践してみてはいかがでしょうか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です