【引きこもり】ひきこもりニートの散髪方法【美容室orセルフカットor格安カット】

ひきこもりニートが髪の毛が伸びてきたときに髪の毛を切ろうとして悩むことは下記のことだと思います。(私の体験談からによるものです)

髪の毛が伸びてきてうっとうしいな
美容院や理容院、床屋には怖くて行けないな
→「ご職業は何されているんですか?」や「趣味はあるんですか?」みたいな雑談がイヤ
偶然、誰かに見られたときに不潔な姿だと思われるのはイヤだな
美容院に行くお金は厳しいな
そもそも上記の悩みは、ひきこもりニートの程度や目的によって変わってくるものだと思います。

(中略)

ひきこもりニートの人は、自分が最も優先したいことはなんなのかによって、自分に合った散髪方法を決めるのが良いと思います。

重度ひきこもりニートは、セルフカットしか道がありません。自分で髪を切れるように、腕を磨きましょう。

軽度ひきこもりニートで、身だしなみを整えたいだけの場合は、セルフカットでも格安カットでもどちらでも良いと思います。無難な髪型にはできます。

軽度ひきこもりニートで、オシャレにお金をかける価値があると思う場合は、美容院にすればいいと思います。(社会復帰自体には、オシャレである必要はまったくないです)

私の場合、今は全ての散髪方法を経験した上で、ひきこもりニートを脱出して普通に外出して働いていても、セルフカットです。自分で髪を切って、問題なく社会生活を送れています。

下の記事で、重度ひきこもりニートだった頃の感覚でアホなことを書いてますので、興味ある人は読んでみてください。
(ひきこもりニートで、セルフカットしている人の割合についても書いてあります)

ひきこもりニートは美容室の世間話をどうすればいいのか?

「オシャレはしたいんだけど、美容室に行くのは怖いな」と思うひきこもりニートへの参考として、

美容室の雑談に苦手意識を持っていた私が試したことのある方法を書いておきます。

美容室に特有のことではなく、普段の会話についても言えることです……。

(中略)

ひきこもりニートが美容室で世間話を上手に話そうとする必要はない

ひきこもりニートをやっていると、周りのみんなが自分のことを注目しているじゃないかと不安になることもあると思います。

ひきこもりニートだとバレると犯罪者やゴミくずのような扱いをされるのではと不安に思っていた時期が私にはありました。

けれど、少し変な挙動や会話をしても平気だったし、別にひきこもりニートだとバレても平気でした。

美容室で働いてる人は、個性的な人の割合が多いですし、また、あくまでお客さんをオシャレにするのが仕事なので、客がひきこもりニートでも気にされないです。

別に美容室だからといって、気負いすぎる必要はないんじゃないかなと思います。

オシャレをしたいひきこもりニートは、気楽に美容院に行けばいけばいいんじゃないでしょうか。

https://boukenki.info/hikikomori-neet-sanpatsu/ よの冒険記より引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

引きこもってる人にとって、外出がストレスになりうる可能性がありますからね…。

特に普段しゃべっていないから、コミニケションスキルはかなり低くなってると思われます。

そんな中で散髪をする。髪を整えるのは大きいことです。

その方の引きこもりの程度で上記引用先に書かれてます重度~軽度の方法をお勧めします。

格安カットは割合、話すこと少ないので、必要最低限(どのくらい切るか位)サクサクなんですけど、

美容室となると敷居が高くなりますね。

美容室でもコミュニケーションに重点を置いてるところと、黙ってても問題なくやってくれるところがあります。

私は髪を触られると何故か眠くなって良く寝てました。

寝てる間に切られるわけですから、よほどの信頼がないと無理なんですけどね…。これ結構やらかしてしまう事もありますね。

いつも行ってるところ以外では寝れません。たいがい本を読んだりしてますね。

コミュニケーションを無理にとってくる美容室もありますが、別に美容室だからといって、気負いすぎる必要はないんじゃないと思います。

上述されてますが、美容師さん個性派の集まりですから。

自分が思っている以上に気にされません。ハイ。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です