【今日の動画】手で数マイクロメートルの平面を整える職人

鋳鉄製の精密定盤を作るために、形はのみに似た、サイズは何倍もするきさげを用いて、平面を出してきます。1平方メートルあたりほんの数マイクロメートルの公差しか許されません。

こんな微妙なものを手で削っていく精密さに感動します。
キサゲというらしいですが、どうやればこの繊細さがでるのかちょっとわからないぐらい、感動しますねー。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です