【今日の動画】常陸秋そばの時期ですね

常陸秋そば

茨城県(特に県北地域)は、昼夜の気温差が大きいことや水はけのよい傾斜地など、そばの栽培に適した条件が揃っていることから、江戸時代から「蕎麦どころ」の名産地として知られています。

常陸秋そばは、茨城県北地域に位置する常陸太田市の金砂郷の赤土地区の在来種がルーツ。選抜育成法により3年余りの歳月をかけて「常陸秋そば」が誕生。実が大きくて、粒ぞろいが良く、芳醇な香りと甘みに優れているのが特徴です。

そば職人や全国のそば通を唸らせています。県内で栽培されるほぼ全てを「常陸秋そば」が占めるまでになりました。

現在では、東京都内の数々の名店でも常陸秋そばを使うお店が増えています。

茨城県の郷土料理『けんちんそば/つけけんちんそば』

https://www.pref.ibaraki.jp/bugai/koho/kenmin/syun/291117.html

けんちんそばとか美味しいですよね……

年越しそばに常陸秋そばはいかがでしょうか?

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です