【ロストジェネレーション】引きこもり高年齢化

引きこもりの高年齢化が深刻になり、困窮する事例が注目されている。これまではいじめや不登校などが原因の若者の問題と考えられてきたが、中高年層の存在が顕在化してきた。支援を求められないまま長期化したり、一度就職したものの離職して引きこもるようになったりするケースだ。「80歳代の親と50歳代の子」を意味する「8050問題」と呼ばれる。親が高齢になり収入が途絶えた、病気や介護の問題が出てきた-などさまざまな問題を抱え、親子で共倒れになるリスクがある。親の年金を頼りに生活するケースも多く、親亡き後の不安がのしかかる。

http://www.the-miyanichi.co.jp/shasetsu/_35090.html

氷河期世代はこの「一度就職したものの離職して引きこもるようになったりするケースだ。」の事例が大きいと思います。

ちょうどブラック企業問題などが顕在化した時期でもありますし、実際、引きこもりになってはいないものの、非正規のまま低賃金で働いている人も多いのです。

人手不足と言いながら、外国人労働者を受け入れようとする人たちは、こういった世代の事を忘れているようですよね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です