【パニック障害】パニック障害と合併する疾患

報告されている大うつ病性障害との合併率はパニック障害を持つ人の50~60%にも及びます。

両方の障害を持つ者の約48%では、うつがパニック障害より先に発症し、約31%は両方同じ年に発症し、約22%はパニック障害がうつ病より先に発症するという報告もあります(Kesslerら:Arch Gen Psychiatry55:801-808,1998)。

社交不安障害(社会不安障害)はパニック障害患者の15~30%に、全般性不安障害は15~30%に、特定の恐怖症は2~20%、強迫性障害は10%以下、PTSD(外傷後ストレス障害)は2~10%と報告されています(Kaplan & Sadock;SYNOPSIS OF PSYCHIATRY:599-600,2003)。

またパニック障害に伴う身体症状は多彩であり「変装の名人」とも称される程です。

過敏性腸症候群(パニック障害患者の46%に合併)・頻尿・過呼吸症候群など診断基準に入っていない症状が合併する事も多くあります。

ちなみに「過呼吸(過喚気)症候群」とは、不安発作において過呼吸が前景に立つ状態を総称します。

パニック障害はもちろん、あらゆる精神疾患・身体疾患が原因で起こるので、即座にこの症状だけでパニック障害と判断しない方が無難です。米国では循環器科クリニックに来院する患者の実に60%がパニック障害を合併(精神科クリニックでは10%)しているとの報告もあります。(APA,DSM-Ⅳ-TR 精神疾患の診断・統計マニュアル 第4版:420,2001)

パニック障害であると診断する為には、パニック様発作(不安発作とも言います)を引き起こす他の精神疾患ではない事を証明する必要があります。

不安発作は大まかに3タイプに分類されます(表-4.)。

「パニック発作」は予期しない状況あるいは状況準備性に(ある状況下で必ず起こる訳では無いが、ある程度の割合で)起こる発作です。

一方状況依存性発作とは、ある状況下で必ず発作が起こるもので、社交不安障害(社会不安障害)(社会恐怖)・特定の恐怖症・強迫性障害・外傷後ストレス障害・分離不安障害などで起こります。うつ病や境界性人格障害などでも見られる事があります。

https://www.e-heartclinic.com/kokoro/senmon/panic06.html ハートクリニック大船より引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギの方のTです。

やっぱりパニック障害の併発はうつが多かったですか。私はうつより先にパニック障害が出たので、それからうつが来た…って感じです。それと、私は全般性不安障害ですね。

どこにでもうつが出てきますね。それだけなりやすい病なんでしょうね。うつ。

パニック障害でも併発してうつ…。

最近、芸能人のパニック障害カミングアウトが多く報道されますが、やはりこういう段階をふんでるんでしょうかね?

うつになるとかなり芸能人みたいな「見せることが職業」の人はかなりキツイですよね。普通の仕事しててもキツイのに。

過呼吸持ちの芸能人も聞きますね。うーん・・・やっぱり「見せることが職業」というのはハードですね。

過呼吸は引用文にもあげたように、パニック障害自体の症状になってしまうから併発って気がしないですね。過呼吸・呼吸困難・めまい・頭痛なんかはパニック発作の一部ですからね。

うつを併発すると治療が面倒になりますね。私も面倒なんだろうな…と思いながら、書いてます。

パニック障害だけでも大変なのに合併はきついですね。合併率はパニック障害を持つ人の50~60%にも及ぶというから、二人に一人は合併症なんですね…orz

合併症が多い病気は嫌ですね…

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です