【アルコール依存】酒の優しい誘惑

こんにちは、エナベルで就労支援を受けているOです。

断酒が続いております。

しかし、先週あたりから鬱がひどくなって、体調まで崩れていっています。

こういうときが危ないんですよね。

アルコールは基本的に鬱病の大敵なのですが、「一時的に気分が良くなる」という特効薬なわけです。

現在の私のような鬱病状態が続いて体調まで悪くしているような時期には、「ああ、一時的でもいいから気分よくなりたい、明るい気分になりたい」という誘惑がかなり出るわけです。

今まではこういう時に「まあワンカップ一杯ぐらいいいだろ」ってコンビニに駆け込んで一気に飲んでいたりしたわけで、実は今もそうしたらどんなに楽だろうと思っています。

手が震えるとか意識が朦朧とするとかそういうのはないんですが、「このぼんやりつ続く鬱状態から、一時的にでも楽になりたい、後で後悔してもいいから」と思ってしまうのがつらいわけです。

もちろん酒を飲んでしまうとあとで余計に鬱が悪化したり、体も壊れていくわけですが、「その場しのぎで楽になる」というのは、本当に楽になるのを知っているだけに耐え難い誘惑になるわけです。

と言語化して、なんとか客観的にふりかえって、耐えようかと思います。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です