「コアラのマーチ」時代を反映 マスク、手洗い、出前…新絵柄が話題

1984年発売のロングセラー「コアラのマーチ」。そんなお菓子に描かれたコアラのイラストが注目を集めています。
マスクや手洗い、オンライン会議などがデザインされているのです。登場の経緯をロッテに聞きました。

 

コアラのマーチとは

1984年3月27日に発売された「コアラのマーチ」。コアラがオーストラリアから初めて日本にやってくるというニュースを聞き、それに先駆けて売り出されました。

コアラブームが来ることを確信した開発担当者が、薄皮の中空ビスケットにチョコレートを注入する技術を使って菓子を作り、コアラを描くことを考案したそうです。

昼間は寝ていることも多いコアラですが、お菓子ではマーチングバンドを組んで、明るく楽しくやってくるイメージで「コアラのマーチ」と名付けたといいます。

 

マスク姿のコアラ

先日からツイッターなどで注目を集めている絵柄が「マスクコアラ」です。

口元にマスクをつけたコアラのデザインで、「今のご時世ならでは」「次はワクチン注射か」といった反響が寄せられています。

ロッテの広報担当者によると、マスクコアラが登場したのは今年の3月から。

2015年に絵柄総選挙を実施して以降、デザインは全365種類になっており、その中で毎年1回入れ替えを行っているそうです。

今年新たに追加されたのが、「マスクコアラ」「オンラインコアラ」「手洗いコアラ」「出前コアラ」「旅行コアラ」「キャンプコアラ」の6絵柄です。

 

時代を変化を感じながら

新しい絵柄の狙いについては、こう説明します。

「コロナ禍で様々な生活様式が大きく変化しましたので、『今』を捉えた話題性のある絵柄を開発しようと思いました」

絵柄について考え始めたのは2020年6月ごろ。

開発メンバーもオンライン会議が増えるなど、時代の変化を感じている最中のことだったといいます。

「日々の生活で変わらずコアラのマーチを召し上がっていただき、絵柄を探すという楽しみ方で、笑顔になれる機会やコミュニケーションが生まれるきっかけになればと考えています」

https://withnews.jp/article/f0210623004qq000000000000000W00o10201qq000023230A withnewsより引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

コアラのマーチ懐かしいです。今でも売れてるロングセラー商品ですね。

このコアラのマーチに世相を反映する絵柄が…。

SNSでも騒がれてるみたいですね。今はすぐSNSでこういうニュースが広まってしまう時代ですからね。

しかし、絵柄が365種類とは凄いですね。その中に6絵柄が入るわけですね。

まゆげコアラを見つけるのも大変ですけど、この6絵柄見つけるのも大変かもしれません。

私も見つけ出せるかな?新絵柄のコアラたち。

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です