障害者手帳のススメ

こんにちは、エナベルで就労支援を受けているOです。

ここ最近のストレス社会や人生の負担などによって、私の周囲でもネットで知り合った人たちの中にも心療内科や精神科に通っている人が多くなりました。

しかし、意外なことにそういう人たちの多くが、いわゆる「障害者手帳」を受給しないまま、通院している例が多くみられます。

やはり「障害者だと知られるのが怖い」、「障害者手帳を持っていることが恥ずかしい」、「受給の手続きがメンドクサイ」、「診断書のお金がもったいない」、「障害者年金がもらえない」などの理由で、障害者手帳の受給に消極的になっている人が多いようです。

私の体験で語らせていただきますが、確かに以上の理由があるのはわかりますが、通院するまで追い詰められている人は、やはりもしものためのセーフティネットとして、障害者年金の有無にも関わらず、障害者手帳は受給してもらったほうがよいのではないか? と思います。

この国の福祉は、実はわりと充実しているのですが、自分から申請したり、セーフティネットに頼る動きを見せないとなかなか公共の機関が動いてくれないのも事実なのです。

私の場合は精神障害なので、精神障害者として語らせていただきますが、やはり長い間ブランクがあると、なかなか社会復帰するのにハードルが高いのは事実です。

実際、一度社会復帰のために、てっとり場役近所のコンビニで夜勤に応募して受かったはいいけど、あまりの仕事の大変さに一日で投げ出してしまったという恥ずかしい過去が私にはあります。

働く意思はあっても、ブランクが長かったり、働いた経験がない人間がいきなり普通の職場で働くのは大変です。よく親や知人などが「コンビニとかでバイトすれば?」とか言われた経験がある人も多いかと思われます。しかし、コンビニは覚えることも多いですし、接客はあるわ検品はあるわ掃除はあるわで、大変な職種だと思います。とてもじゃないが、私のような精神障害者には務まらない職場でした。

そして、務まらないという経験が、ますます精神的に落ち込ませてしまって、引き困ったりうつ病が悪化したりするのも事実です。

今は服薬などで普通の職場で働いている人も、いつ事故や要因で病状が悪化するかもわかりません。それでなくても、明日何が起こるかわかったものではない時代です。雇用だって終身雇用などと言ってられるご時世ではなくなっています。

そうした事を考えると、やはり仕事を失ったり、仕事ができなくなった場合に、就労の訓練などができる事業所というセーフティネットがあるというのは大きな支えになるんではないでしょうか?

実際、私もつい最近まで水戸にPCなどの作業ができる就労支援作業所があるだなんて知りませんでした。

もし、一日4時間の就労から少しずつ一般就労に向けて訓練ができる事業所のことを知っていたら、私ももう少し早く社会復帰のために一歩進むことが出来ていたと思います。

そのためにも、やはり身体や精神に障害を持った人は「格好悪い」とか「面倒くさい」とか思わずに、しかるべき手続きをとって障害者手帳を受給してもらうのがよいと思います。

まて、障害者手帳によって定期券が三割引きになるのも、事業所に通う身としてはありがたい事でもありました。

けっして、障害者としてマイナスになるとは思わず、なんとか社会復帰や生産的活動に携わり、自分で少しでも稼ぐことが出来るようになるための、前向きな一歩として、障害者手帳を受給してもらうのは、とても良いことだと思うのです。

そうして調べてみると、自分に支援が必要だと認めてしまえば、案外、この国は豊富な支援が受けられることに気づくことができると思います。

私のような精神障害者、そのほかの様々な障害者の方々のためにも、もっと積極的な意味で障害者手帳や障害者支援を受けられる世の中になるといいな、と思います。

ちゃんと支援を受けていれば働ける人、生産的な活動ができる人はもっとたくさんいる筈です。そういった人たちも前向きに働いたり活動できたりするのが、これからは大切なことになっていくのだと思います。

Follow me!

障害者手帳のススメ” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です