腸弱人という人種

腸弱人とは、環境の変化や精神状態、身体の変調などによって、簡単に腹を下してしまう腸の弱い人(主に大腸)の事である、こんにちは、エナベルで就労支援を受けているОです。

これが、わりとしゃれにならなくて、程度にもよりますが、人混みの中に入ったり、社内環境が変わっただけですぐにトイレに行くのが頻繁になったりする人がいるんです。というか私がそれです。もともとメンタル的に弱かったのが、それを糊塗するためにアルコールをガバガバ飲むようになって、精神の調子もおかしくなりましたが、しょっちゅう下痢をするようになりました。もう、このせいで、気楽にトイレに行ける会社でないと勤められないし、成人してからも家で2回、外で2回ほど漏らしたことがあります。

もうね、成人してからの漏らすのは人生が終わった感がすさまじいですよ……周囲も迷惑だし、本人も深くトラウマになります。私が外出嫌いな理由も、自分の腸が弱いというのがあって、外出するときは常に脱糞の懸念が頭から離れませんでした。

コミケなんかに行ったときも、本当に危なかったので、もう少しでも変調を感じたら即座にトイレに並んだものでした。だって、並んでいる最中に本格的な波が来たら終わりでしょ?

そんなわけで、トイレが並んだりするような場所にはめったなことでは行きたくないし、行くときは相当の準備をしていないとダメだったりするので、自然と出不精になっていきました。

ストレスが胃にくる人というのは有名ですが、腸にくる人もいたりするんです。

怖いですね、ツライですね。

わりと精神的なものなども絡むので、抜本的な治療は難しい気がします。それでもなんとか自分の腸と仲良くしていきたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です