松岡茉優&三浦春馬さんの“デコボココンビ”が「可愛い」「ほっこりする」と話題「カネ恋」トレンド席巻

女優の松岡茉優が主演を務め、三浦春馬さん(享年30)が出演するTBS系火曜ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(毎週火曜よる10時~)が15日、放送スタートした。松岡と三浦さんの“デコボココンビ”に注目が集まっている。<※以下、ネタバレあり>

モノや恋に一途ですべて計算通りの「清貧女」・九鬼玲子(松岡茉優)と、お金を使うことになんの迷いもなく、予定は未定な「浪費男」・猿渡慶太(三浦春馬さん)という金銭感覚が両極端な2人が出会う今作。ひょんなことから玲子の実家に慶太が住み込むことになるという、おカネ修行を通してひと夏の恋物語が繰り広げられる、“じれキュン”ラブコメディー。

松岡が主演を務める今作では、三浦さんの代役を立てず、撮影済みのシーンはそのままに、ドラマを完成させる。

松岡茉優&三浦春馬さんが同棲?

中堅おもちゃメーカーの経理部で働く主人公・九鬼玲子(松岡)は、モノも恋にも一途な“清貧せいひん女子”。
玲子は、お金の勉強のために経理部にやってきた会社の御曹司・猿渡慶太(春馬さん)の指導係に任命されてしまう。

慶太は社長である父・猿渡富彦(草刈正雄)に激怒され、カードも止められ、家も解約されてしまったことから、玲子の家に住むことに。
一緒に住む中で、楽観的に見える慶太だが、おもちゃへの愛情が強いことがわかり、玲子は慶太が社長(父)に認められるために、お金の勉強を始めることを勧める。

渋々だった慶太だが、その後きちんと“お小遣い帳”に使った金額を記入し、少し前進。そして玲子は“ほころび”だらけの慶太を“繕う”ことに決める。

松岡茉優&三浦春馬さんの“デコボココンビ”に反響

放送開始時から「#おカネの切れ目が恋のはじまり」「#カネ恋」「#春馬くん」など関連ワードがトレンド入り。

ネット上では「やっぱり春馬くんの笑顔も、演技も大好き」「キュンキュンした~~」「茉優ちゃんと春馬くんの掛け合い可愛すぎる!」
「茉優ちゃんも最高に可愛いし、春馬くんの笑顔もとびっきり可愛い…眼福です」「2人のやり取りにニヤニヤ。ほっこりする」と松岡と三浦さんの“デコボココンビ”に反響。

https://mdpr.jp/news/detail/2225311 モデルプレスから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

春馬くんの遺作であるドラマがとうとう始まりました。

劇中の春馬くんはずっと笑っていて凄くその笑顔が人懐っこくて可愛らしいんです。

笑顔いっぱいのらラブコメディ作品。面白いけど、その春馬くんの笑顔が切なくて。

ファンとしてはその笑顔をずっと見ていたかったよ…という気持ちでいっぱいでした。

4話分春馬くんの出演分はあるらしいので、それを楽しみにしようと思います。…切ないけど。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です