実写版「岸辺露伴は動かない」、放送前から好評な理由(ワケ)

荒木飛呂彦の大人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の第 4 部に登場する人気キャラクター 岸辺露伴を題材にしたドラマ

「岸辺露伴は動かない」が2020年12月28日(月)の22 時よりNHK 総合にて3夜連続で放送される。

人を「本」にすることでその人の心やこれまでの記憶を読 み取ることができる漫画家、岸辺露伴を俳優の高橋一生が熱演。

ファン待望の実写化が実現 した。

そもそも「ジョジョの奇妙な冒険」とは?
まずは予習として、少し『ジョジョの奇妙な冒険』について触れておこう。

この漫画は、1986年に集英社の人気漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」により連載がスタート。
シリーズの単行本 は 100 冊以上、累計発行部数は 1 億超えと日本を代表する漫画の一つだ。

独特なタッチと奇々怪々なストーリー展開が奇妙でおもしろいと日本のみならず、海外でも大人気。
主人公をはじめとする登場人物は「スタンド」という特殊能力を持っており、このスタンドが物語 の展開に大きな影響を与えている。

また、主人公に限らず個性的なキャラクターは世界的にカルト的な人気を博しており、有名なコスプレイヤーが登場人物になり切ってSNSでその姿を披露するなど話題が尽きない。

過去に、テレビ朝日の人気番組「アメトーーク!」でも「ジョジョの奇妙な芸人」として本 作のファンと公言する芸人たちが、アニメの世界観について熱く語っている。

 

「ジョジョの奇妙な冒険」からのスピンオフ作品「岸辺露伴は動かない」で主人公を演じる のは俳優の高橋一生。

アニメの実写化はファンのイメージを覆すと懸念されがちだが、高橋のキャスティングには放送前からハマり役だ、と原作のファンらのあいだで話題になっている。

以前から作品のファンだったという高橋は「作品の世界観を大事にし、露伴のモノ マネにならないように気をつけながら演じた」とインタビューで語っている。

リアリティーを追求するエキセントリックな漫画家、岸辺露伴は作品のなかでネタ集めのためにさまざまな地を訪れる。
そこで出会った人や奇怪な出来事の「目撃者」として関わっていく。

抜群の存在感を見せつつも作品のタイトルの通り、解決へと懸命には「動かない」 露伴。
主人公ではあるものの、ストーリーを無理矢理、一件落着へと導いたりはしない。そこがこの作品の魅力でもあるのだ。

露伴の担当編集者・泉京香役を飯豊まりえ、第一話の「富豪村」には柴崎楓雅が出演。
第二話の「くしゃがら」には森山未來、第三話には瀧内公美が出演と個性豊かな役者達がそろっ ている。
高橋が演じる露伴の独特のポーズやセリフ、衣装など一場面ごとに注目が集まりそうだ。
原作を知らない人も、以前からの露伴ファンも楽しめる 3 夜になりそう。

https://cinema.ne.jp/article/detail/45651 CunemasPLUSより引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

昨日、第一作目を見ました。独特の世界観とキャストがドンピシャリ。

ジョジョの世界って実現化できたんだとビックリです。年の瀬に期待大です。

ジョジョ好きな方でも、そんなに興味のない方でも楽しめる感じですよ。

フィギュアスケートでも「ジョジョの奇妙な冒険」ジョジョ立ちに場内大盛り上がりがあったとか。

とにかく私は楽しみに見ます~。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です