台風が近づくと体がだるい・・・その理由は?!

台風の前後はなぜか体が重だるいと感じること、ありませんか?

台風や雨続きは、「低気圧」の停滞によるものです。

(中略)

低気圧は、高い山に登った時と同じ状況です。

高い場所で空気の圧力が低くなると、体にかかる圧力も低下するので、体は膨張します。

高い場所に行って、お菓子の袋がパンパンになった経験はありませんか?

人の体に同じことが起こると、体の水分が細胞や血管の外に滲み出て、「むくみ」が生じやすくなります。

体がだるいと感じるのは、これが原因の一つと言われています。

さらに、雨が降ることで湿度が上昇すれば、体内に水分が溜まり、むくみの他に消化不良、頭痛、めまい、吐き気などを引き起こすことがあります。

台風や雨続きの時に必要なのは水分調整です。

不調を感じる前に、しっかり水分補給しつつ、体内に水分を「溜め込まない」ことを意識しましょう。

https://cocokara-next.com/fitness/when-a-typhoon-approaches-st/ CoCoKAEAから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

私も天候の影響をよく受けて体調がダウンしたりします。台風の前はだるいことありますね。

水分調整が必要だったとは驚きです。まったくそんなこと考えたこともなかったので。

天候と体はやはり繋がっているんですね…。

今はあまりの今年の暑さにやられて、少し涼しくなったこの時期、夏バテがきてますね…。ちょっとつらいです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です