【就労移行】タバコのポイ捨て

こんにちは、エナベルで就労支援を受けているOです。

今日は、就労移行支援のカリキュラムとして、ビルの周辺の清掃を行ないました。

それでビルの近くの通りなどのゴミ拾いをしたのですが、それで目立っていたのがポイ捨てされた煙草の吸殻やフィルターでした。

私自身はタバコは吸いませんが、最近は喫煙者に対する差別や排除が進んできており、なんか余りにも強引ではないか? と思っている方です。

ちょっとヒステリックな気がするんですよね、喫煙者に対して。

しかし、今日道端を清掃していて、道端にポイ捨てされているタバコの吸い殻の数を見ていると、

「そういう人たちが、結局喫煙者の肩身を狭くしているんだよなぁ」と思いました。

車道に面した歩道を掃除したので、自動車から捨てたタバコや歩きタバコをポイ捨てした感じのが目立ちました。

本当、煙草のポイ捨てはあらゆる意味で良くないのでやめてほしいですね。

ただ、こんな事を言っても、たぶんポイ捨てするような人って、こういうの読みもしないし見もしないって人なんでしょうねえ。

しかし、これだけ喫煙者を排除する動きが激しくなって十数年経過するのに、未だに平気でポイ捨てしている人がこんなにもいるのか、と驚きました。

喫煙者の人にこそ迷惑ですよね、こういう人たち。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です