おいしいですかね?カブトムシ

こんにちは、エナベル水戸駅南で就労移行支援を受けているKです。

先日のグループワークでは二郎ラーメンや世界の料理など様々な食の話題がでてきましたが、その中でもインパクトが大きかったのは食用虫の自販機の話題でした…

遠くない未来に訪れるであろう食糧難の時代に備え、昆虫食はたんぱく質などの栄養を摂取する策として注目されているそうです…

地域などではイナゴの佃煮など、虫を食べる風習はあったのですが、今、昆虫食の自販機が都内でじわじわ増えているそうです。

 

秋葉原にある昆虫食自動販売機を使ってみた! 本物のカブトムシとコオロギを実食!(閲覧注意) https://getnews.jp/archives/2332759

 

上のリンクはカブトムシとコオロギを実食したレビューなのですが、写真のインパクトがやばいです。まるまる虫です。

カブトムシはレビュアーさん的には食感はまるで直射日光を浴び続けて劣化したプラスチックのようだそうで決して美味しいものではなさそうですね…

でも、コオロギは食感もサクサクで、甘海老の唐揚げなどが近く、噛めば噛むほどに旨味が口の中に広がっていくそうで美味しいらしいです。

 

レビューを見るとカブトムシは絶対食べたくない感じなのですが、コオロギは若干気になりますね…味で食べてみたいような、見た目で食べたくないような…

無印でもコオロギせんべいが売られていて人気だそうで、海老せんのような感覚で食べられるとか。こちらは見た目は普通なので普通に食べられそうです。

虫だという先入観や見た目とかが気にならなければ、個人的には行けると思う&昆虫食が広まっていくのはいい事だと思うのです。

でも肉と魚が好きだし食べたいし、食糧難になって肉や魚が食べられなくなるのは辛いなあと思うKなのでした…

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です