うわっあるある!無意識にマウントを取っているときに出る言葉

■「それは○○しなきゃダメだよ」
一見すると自分のことを思ってくれているようで、上から目線な誰にでも当てはまるアドバイスをくれる人っていますよね。目上や上司など立場のある人なら、なおさら聞いてもいないのに忠告をしてくるケースも。実はこれ、自分の優越感を満たしているだけのマウント発言の場合も少なくありません。

「それは○○しなきゃダメだよ」と偉そうに言うことで、立場上の優越の錯覚に陥っているだけなのです。もちろん、言われた側は劣等感を感じてしまうため、相手のエゴが見えたら話半分に聞いておくようにしましょう。

 

■ステータス自慢
学歴や持っているブランド品、有名人とのコネクションを自慢する人っていますよね。これもまさにマウントを取ろうとしている発言です。相手はただ承認欲求を満たしたいだけなのです。つまり、あなたや周囲の人たちに評価されたりすごいと言われたいのです。

まともに話を聞いていると、会うたびに自慢され疲れ果ててしまうため、距離を取るようにした方がいいかも。

 

■「まだそんなことやってるの?」
同じくらいのレベルや同期から、「まだそんなことやってるの?」と言われたことはありませんか? これは言い換えると「もうそんなことはとっくに卒業した」と言いたいのです。これは競争意識が高い人によく見られるマウント発言。

あなたを下に見たり貶めることで、自分が上だと感じたいという心理が隠されているのです。相手の心の中に勝たなくてはいけないという競争原理があるため、やたらと勝ち負けにこだわるのです。良いライバルであれば問題ありませんが、そうでないようなら勝負する必要はありません。

 

■「恥ずかしくてそんなことできない」
自分よりも優れている、あるいは勝っていると相手に感じたとき、人は自己を防衛しようとします。そのため、相手の価値を下げるような発言をしてしまいがち。たとえば、頑張っている人に「恥ずかしくてそんなことできない」と言うのも、マウントを取ろうとしている証拠。

それが成功すれば、自分は最下位ではない、まだ自分よりも格下の人がいるという安心感を得られるのです。そんな不健全な持ちかけに乗る必要はありません。

マウンティングされたと感じると、たいていの人は不愉快な気分になると言えます。でも、そこで相手の言葉を真に受けるのはNG。相手はこの人なら付け込めると確信し、さらにマウントが激しくなってしまいます。

そうならないために、相手の行動に注目するようにしましょう。口先ばかりで行動が伴っていないようなら、それはただの雑音だと思って差支えないでしょう。本当にあなたのことを思っての発言なら、必ずそこには行動と経験からの優しさが見えるはずですからね

https://cancam.jp/archives/859770 cancanから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギの方のTです。

この4つの言葉たちなんて上から目線な言葉たちなんでしょう。最後の言葉は使い方によってそう思うかも。

上から目線、マウントとりの人はどこにでも居ます。イラつきます。なるべく気にしないようにしてますが、何度も言われると腹立ちますね。ええ。

友達はこういういい方はしてこないので助かってますけど、友達じゃない人たちは平気でズバズバ言ってきます。

何様なんだ!!って思いますが、常態化してるひとにはわからないんだろうなあ。

ホント、ソレ。ってこの記事を読んで思っちゃったウサギの方のTです。

こういう言葉たちを自分では発しないようマウントする人間にならぬよう気を付けようと思います。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です