【PC比較】Windows vs Mac 使うならどっち?

私は専門時代、グラフィックデザイン専攻(授業でMac必須)だったのもあって、かつて使っていたWinからMacに切り替えて今に至ります。

どうも、就労移行支援を受けているMです。

PC新調したいけど、WinとMacって何が違うの?(´・ω・`)

そう思っていらっしゃる皆さん。

専門時代からWinとMac両方使っている経験から、どのケースにオススメか紹介したいと思います!

 

Windows

オフィス系では定番PCエナベルもデスクトップ、ノートPCともにこちらになります。

大体の人が迷わずこちらを選ぶと思います。

オフィスソフトが優秀な反面、PCウィルスに弱く(そもそもWin標的のウィルスが多い)セキュリティが少し心配なところがありますね。

デザイン系のソフトもWinに対応しておりますが、ソフト自体の容量とCPUの負荷が影響しやすく、動作が重くなりやすいです。

エナベルで使ってても、たま~にフリーズしたり重くなったりすることがあります(汗)これが厄介

私の経験からすると、デザイン系はWin向きではないんじゃないか、と感じております。※あくまで個人的な意見です。

DTM作曲の視点から見ると、Win対応のフリーソフトやフリーのプラグインが充実しており、DTMerはWinユーザーが多い印象です。

オフィスをメインに使うとするならWinで充分でしょう。

また、WinはPC本体を自力で改造してCPU負荷を減らすことができます。(Winガチ勢はだいたいコレやってる人多いですw)

もしくはPCを自分好みに作ってしまう猛者もいます。※一応材料さえ揃っていれば自分で作れるらしいです(専門の時に知った)

 

Mac

Apple一強PC

Macの強みはなんといってもiPhoneと連携できる点でしょう。iTunesが強い。

そして、クリエイティブ系に強い。多少スペック差はありますが、クリエイティブ系ソフトはスムーズに動きます。

また画面も綺麗なところもメリットの一つ。

とはいえ、キーボード配置や画面構成がWinと異なる為、使いこなすにはコツが必要です。

今は慣れたもんですが、私も専門の時初めて使い始めた時、使いこなすまで割と時間かかりました。

欠点を挙げるとすれば、オフィス系には弱い。OSバージョンアップの際バグが起きやすいなど。

また作曲関係ではMac対応のフリーソフト・フリープラグインが少ない為、ちょっと物足りなさを感じるかもしれません。

それでも私はLogicを使いこなしてますがね(ドヤァ)

もう既に慣れてしまっている為、私は特に不便に感じたことはないです。

慣れすぎるとMacの癖がWinに出てしまいます(笑) エナベルのPCで何度もMacの癖が出て、あっヤベMacじゃないんだ(^^;となってます。

 

WinかMacか、使いやすいほうを選んでみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です