【障害者雇用】「障害者の雇用率」が高い上位100社ランキング

1位は障害者に特化した就職・転職サービスを展開するゼネラルパートナーズだ。同社は従業員数89人と小規模ながら48人(パート、契約社員を含む)を雇用している。雇用率は20.92%に上り、前年からの伸びも100位内でトップだ。また、同社は障害者雇用に関する調査・研究機関「障がい者総合研究所」や障害、LGBT等に特化したWebメディアなどを運営し、積極的な情報発信も行っている。

2位は食品トレー、弁当・惣菜容器最大手のエフピコで、雇用率は13.78%(377人)だった。特例子会社のエフピコダックスや就労支援A型事業を展開するエフピコ愛パックを中心に、使用済み容器の選別工場や折箱容器の生産工場などにおける基幹業務について、障害者を正規雇用している。また、同社は雇用機会の提供だけでなく、取引先の障害者雇用サポートなどにも取り組んでいる。

3位は独立系エンタメのエイベックスで、雇用率は7.09%(21人)だ。障害者向けにバリアフリーのサテライトオフィスを設置し、バックオフィス業務を任せる                   。「エイベックス・チャレンジド・アスリート」として、障害者アスリートの雇用・サポートにも取り組んでおり、障害者スポーツに特化した部署を設置し、国内外の大会、講演会、メディア露出による広報活動も展開している。

4位は工場用の搬送機器メーカーのキトーで6.92%(34人)だ。「障がい者雇用マスタープラン」(5カ年計画)を推進し、個性を重視した配属や、支援者・家族と連携した取り組みを展開している。2016年からは日本障害者スキー連盟とスポンサー契約を締結し、アルペンスキーチームのオフィシャルスポンサーとして障害者アスリートを支援している。

5位はユニクロ、ジーユーを展開するファーストリテイリングで5.62%(917人)だ(ユニクロのデータ)。同社は「1店舗1人以上の障害者を雇用」という目標を掲げ、2012年度以降は新店を除くほぼすべての国内ユニクロ店舗についてその目標を達成しているという。また、職場における問題などについては、ジョブコーチを中心に対応し、店長・地域正社員へは受け入れ研修を実施している。2013年からは精神障害者の雇用にも注力し、本社で8人の採用実績がある。

以下、6位シーエックスカーゴ5.39%(134人)、7位LITALICOで4.85%(71人)、8位は良品計画4.73%(395人)、9位はワタミ4.65%(246人)、10位はダイジェット工業4.56%(13名)と続く。

https://toyokeizai.net/articles/-/305750?page=2 東洋経済ONLINEから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギの方のTです。

気になるのは、ブラック企業として名高い会社も入ってるところなんですが…その辺はどうなんでしょうね(-_-;)

障害者に理解のある会社は歓迎ですし、職場に行っても受け入れやすい基盤があるのは助かりますね。

障害者雇用促進法が出来て、会社に障害者を雇わなければならない…と国が決めて、どう社会は動くのかと見ていますが、

地方だと余計なのかもしれませんが、企業間に差が凄くありますね。

上位100位の会社だと働きやすいのかな?障害者に一定の理解がある企業と思いたいですが、実際は…ってのは怖いですね。

就職する際に、一応参考として見ておくといいのかなーと思って記事を書きました。

もっと企業が障害者を理解してくれる世の中になる事を願って。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です