【障害者雇用】就労継続支援、悪しきA型事業所

※ 就労継続支援A型事業については、

・ 本来の利用者である障害者の利用を正当な理由なく短時間に限り、健常者である従業員(基準省令によるところの「利用者及び従業者以外の者」)がフルタイムで就労している事例

・ 利用者も従業者も短時間の利用とすることによって、浮いた自立支援給付費を実質的に利用者である障害者の賃金に充当している事例

・ 正当な理由なく利用者の意に反して労働時間を短く抑える、あるいは就労機会の提供にあたって収益の上がらない仕事しか提供しない事例

などの不適切な運営を行っている事例が指摘されているところである。

〇 社会保障審議会障害者部会報告書(平成27年12月14日)においても「就労継続支援A型については、事業所の実態が様々であることを踏まえ、利用者の就労の質を高め、適切な事業運営が図られるよう、運営基準の見直し等を行うべきである。」とされている。

〇このため、就労継続支援A型については、以下の見直しを平成29年4月1日から実施することとしている。

1 就労の質の向上を図るため、

① 事業収入から必要経費を控除した額に相当する金額が、利用者に支払う賃金総額以上となるようにしなければならないことや
② 賃金を自立支援給付から支払うことは原則禁止とすることなどを新たに運営基準に規定

2 障害福祉計画上の必要サービス量を確保できている場合、自治体は新たに指定をしないことを可能にする

〇 各都道府県・市町村においては、関係機関等に周知徹底を図るとともに、平成29年4月1日からの円滑な実施に向けて条例改正等の準備を行っていただくようお願いする。

という内容となっています。

https://sotetsunokai.ti-da.net/e9304806.html 社会福祉法人そてつの会 スタッフブログから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギの方のTです。

私はエナベルが初めての就労移行支援及び就労継続支援A型施設なので、良くはわからないのですが(汗)

こういう施設があるんですね。

国が制度を見直しを決めたってことから、それまでかなり悪いところがはびこってたのでしょうかね。

 

給付費を賃金に充てる??ダメでしょ(--〆)…

って引用先には書いてありました。確かにそれはダメですね。本来の使い方じゃないですね。

こういうところはつぶれてしかるべきなんですが、今、そうでもない事業所もつぶれているようで…

切磋琢磨していい事業所が出来れば受ける私たち利用者にとってもいい話なんですけどね…

 

A型事業所は昨年度から指定基準が改正され、給付要件が厳格化されたことなどから、賃金を事業収入で賄えない事業所が倒産に至っているとの指摘もあり、就労支援制度の再検討が必要な状況だ。

https://www.advance-news.co.jp/news/2018/05/post-2434.html ADVANCE NEWSから引用

 

いい支援施設には頑張っていただきたい利用者側の私、ウサギの方のTです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です