【障害者福祉】松本の就労支援事業所「卒業生」がエール

どうも、就労移行支援を受けているMです。

ネットを漁ってたら、障害者にとって元気が出るような記事がありました。

 

「発達障害でも諦めないで」 松本の就労支援事業所「卒業生」がエール

発達障害がある人らを対象にした松本市の就労移行支援事業所「ハートフル松本FVP」は11日、同事業所で職業訓練を受けて就職した「卒業生」の男性(25)が経験を語る講演会を同市で開いた。発達障害がある人の就職を後押ししようと初めて企画した。

男性が就職したIHIターボ(大桑村)の採用担当者も登壇。同市などの26人が聞いた。

男性は大学生の時に発達障害と診断された。

卒業後は同事業所で、上司に相談を持ち掛けたり、同僚と話し合ったりする練習を11カ月間にわたって重ねた。

その後、IHIターボでの2週間のトレーニングを経て、今年2月に入社した。

現在は生産管理部門で製品の箱詰めなど、1人でできる作業を中心に担当している。

男性は「発達障害があっても夢を諦めなくていい。いろんなことにチャレンジして生きる道を探してほしい」

同社採用担当の佐久間茉里奈さん(27)は「何かあった時に相談できる人を家族以外にもつくってほしい」と呼び掛けた。

息子に知的障害がある同市のパート従業員男性(68)は講演を聞き、「就職先の会社の社員に障害の特性を知ってもらうことが大事だと感じた」と話していた。

【引用元】https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2021091200020【信毎web】

 

「発達障害があっても夢を諦めなくていい」

この言葉、凄くじ~んと来ます(T_T)

ありがたや、ありがたや…(*´Д`)という感じです。

当事者からこういう言葉貰えるの凄く嬉しいですね。

「何かあった時に相談できる人を家族以外にも」

なかなか当事者同士で集まることができないこのご時世ですが、LINEのオープンチャットという機能を使えば当事者同士で悩みを共有し合ったりできます。

実際に私も仲間が欲しくて発達障害グレーゾーン関連のオープンチャットを登録しました。

10人程度の少人数チャットですが、主婦から中学生まで年齢が幅広いですし、入った感じ皆優しい雰囲気です。

検索すればすぐに見つかると思うので興味ある方は是非登録してみてください(‘ω’)ノ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です