【障害者福祉】商店街が半額倉庫一色に!?「半額倉庫商店街」を11/13(土)開催!

どうも、就労移行支援を受けているMです。

福祉関係の記事を漁っていたら、面白いものを見つけました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

商店街が半額倉庫一色に!?コロナ禍で活気をなくした商店街から元気を取り戻す!「半額倉庫商店街」を11/13(土)開催!

[ISOYU株式会社]

全品半額で話題の半額倉庫が新たなプロジェクトを始動!半額のチカラで地域活性化に挑む
コロナ禍で活気を無くした商店街のシャッター店舗を改修し、一面半額倉庫に!
半額のチカラで商店街に昔の元気を取り戻し、障がい者の方々の雇用も創出する。

共同でプロジェクトを遂行するのは、社会福祉法人そうそうの杜(本社:大阪府大阪市、代表取締役 荒川輝男)
障がい者の方々の就労支援を行っており「障がい者の輝ける場所をたくさん作っていきたい」という想いをISOYU株式会社の磯遊晋介代表に相談した事から、今回の企画がが決定した。

南しぎの商店街とは?

社会福祉法人そうそうの杜の拠点にある「南しぎの商店街」の現在の風景。
シャッターが閉まっている店舗が散見され、半分程度のお店しか運営していない状況。
お店の方々も「なんとかしたいとは思うが、どうしていいのかわからない」という意見が多い。

昔は人がぶつかり合うくらい活気立っていた南しぎの商店街

地元の方曰く「昔は自転車も通れないほど活気があふれていて、お客さん同士の肩がぶつかり合うくらいの状況だった。」と言う。
時代の流れとともに人流が減り、またコロナウィルスの拡大がそれを更に悪化させてしまう状況。
そんな中、社会福祉法人そうそうの杜の荒川代表が「なんとかせねば」と立ち上がり、半額倉庫の磯遊代表へ相談を持ち掛ける。

半額の力で商店街に活気を!

半額倉庫は「全品がレジにて半額」を売りに、メディアで話題のお店。
ネットショップの返品商品や、店舗の滞留商品などの訳アリ品を、すべて半額で販売するという驚きのお店だ。
現在は本店が兵庫県、フランチャイズ店として大阪府、島根県に1店舗ずつあり、今後も店舗拡大に意欲的な、勢いのあるアウトレットショップである。
2021年9月に開催した「半額倉庫 東大阪店の夜市」というイベントでは、敷地内に長蛇の列ができ、物凄い盛況ぶりだった。

そんな半額倉庫の勢いを借り、地域復興しようという企画が、今回の「半額倉庫商店街」である。
コロナ対策として、整理券での入場となるようだが、これを機に商店街に昔の活気が戻り、障がい者の方々の働ける場所の創造、そして地元の方々の活力が戻るきっかけになればと、ISOYU株式会社の磯遊代表は語る。

【引用元】https://www.jiji.com/jc/article?k=000000004.000068236&g=prt【JIJI.com】

 

半額倉庫のパワーワード感\(^o^)/

商店街の活気を取り戻すついでに障害者が活躍できる場を用意するってカッコよくないですか!?Σ(゚Д゚)

詳しく調べてみると大阪にあるみたいですね。

さすが、ノリが大阪らしい。

大阪特有の若干投げやり感ある「とりあえず、やってみよーや」なノリ良いですよね(*‘∀‘)

私は遠すぎて現地に足を運べませんが、イベントが成功すると良いですねヾ(*´∀`*)ノ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です