【障害者】青森市にある障害者施設にうな重100食を提供

喜びの笑顔が広がっていました。青森市にある障害者施設に、うな重が提供されました。

14日、青森市のうなぎ料理店「川よし」の松﨑利夫社長が、市内の障害者施設「青森月見寮」を訪れました。

そして、うな重100食を振る舞うと、施設の利用者や職員たちが、おいしそうに味わっていました。

施設の利用者は、2019年まで買い物や食事のために2カ月に1回ほど外出していました。

ところが2020年は、新型コロナウイルスの感染予防のため、外出の回数を減らし、食事も持ち帰りにしています。

https://www.aba-net.com/news/news-2085.html JちゃんABA ABAニュースより引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

青森の障害者施設に、うなぎ料理店の社長がうな重を振舞うとはなんて太っ腹。

これも新型コロナウイルスの所為ですかね?施設の外出利用が減ったから?料理店も客足が減少したから?

いいですね。羨ましい限りです。

施設的にも外出控えてましたから丁度良かったですね。

それにしてもうな重とは何とも贅沢な…

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です