【障害者】障害者施設で男性が首踏まれ重体 14歳少年逮捕

神戸市北区の知的障害者施設で入所者の男性(25)を殺害しようとしたとして、兵庫県警有馬署は7日、殺人未遂の疑いで、同じ施設に入所する男子生徒(14)を現行犯逮捕した。男性は意識不明の重体。

逮捕容疑は7日午前11時ごろ、施設内で男性の首を足で踏みつけるなどして殺害しようとした疑い。
男子生徒は「首を両足で踏みながら『死ねや』と言った」などと話しているという。

同署によると、施設には約100人が入所しており、男性と男子生徒が争っているのを別の入所者が発見。
職員が駆け付けると、床にあおむけで倒れた男性の首を、生徒がはだしで踏みつけていた。
生徒は中度、男性は重度の知的障害があるといい、生徒の刑事責任能力の有無も含めて捜査する。

https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202104/0014220795.shtml 神戸新聞NEXTより引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

また痛ましい事件が起こってしまいました。

今度は利用者さん同士での事件です。

どちらも知的障害を持っていて、被害者の男性は重度の知的障害、被疑者は中度の知的障害。

何が原因で言い合いになって、こんなことになってしまったのか…。

知的障害だと刑事責任は問えるのか…14歳だから、少年法にもひっかかるし。

どうなってしまうんでしょうね、この事件。

気になる事件です…。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です