【障害者】軽度の知的障害がある女性が注意するべき点と対処法について

女性の発達障害・知的障害は気付かれにくい

子供に発達障害や知的障害があった場合、実は女の子の方が気付かれにくいと言われています。

発達障害や知的障害の特徴として、暴力的であったり、逆に不器用で自分の殻に閉じこもってしまったりすることが挙げられますが、女の子の場合は暴力的な特徴よりも自分の殻に閉じこもってしまうタイプの特徴が出る傾向にあります。

そのため、単純に「引っ込み思案な性格なんだな」と思われて、発達障害や知的障害があることに気付かれにくいのです。

 

女性は自分を責める傾向にある

女性は何かあったときに、自分自身を責める傾向にあります。
そして、周りに積極的に助けを求めることが苦手な人も多く、何かで困っていること自体に気付きにくいこともあるのです。

特に軽度の場合は、障害があることに気付かれないまま大人になってしまうケースもあります。

 

軽度の知的障害の女性が気を付けるべきこと

自分を責め過ぎてしまう
女の子は何か問題が起きたときに、自分を責める傾向にあります。そのため、自分を責め過ぎた結果、うつを発症してしまうことも。

何か失敗してしまったときは、自分を責め過ぎないようにフォローしてあげることが重要です。

性犯罪に巻き込まれる危険がある
知的障害がある女性は、性犯罪に巻き込まれる危険があるので注意が必要です。
また、犯罪ではなくても、性に関する知識が少ない、あるいは理解が難しいなどの理由で、安易に妊娠につながる性行為をしてしまうこともあります。

信頼できる産婦人科医を探しておく
軽度の知的障害を持つ女性は、性に関する正しい知識を得る機会が多くはありません。
そのため、性に関する知識を教えてくれる人が必要です。
しかし、親に相談するのは恥ずかしいなどの理由で難しいという人も多くいます。

そのため、軽度の知的障害を持つ女性が性に関する知識を得たいときや、性の問題に直面したときにすぐに相談できるように、信頼できる産婦人科医を探しておくことをおすすめします。

 

軽度知的障害の女性には寄り添った支援を

軽度の知的障害がある女性は、パッと見た雰囲気では障害があることを感じない人も多いです。
しかし、障害を持っていることで性犯罪に巻き込まれてしまったり、間違った性知識を持っていたりすることも少なくありません。

軽度知的障害者の女性に対する寄り添った支援をすることが重要なのです。

https://hanakomama.jp/child-raising/106370/ Hanakoママwebより引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

軽度の知的障害でも女性の場合は気づかれない場合があるんですね。自分の殻に閉じこもってしまう…という。

暴力的な方が分かりやすいんですけどね。女性は違うみたいですね。

知的障害で怖いのは、自分を責めてしまうこともそうですが、性犯罪に巻き込まれる事ですかね。

間違った性知識を持っていたりすることも少なくないという事ですから、

このSNS等発達した時代、怖い事に巻き込まれる可能性は昔より高そうですね。

ちゃんとした性の知識を持たないと危険という事ですね。

何よりも自分を守る為にきちんと知識や相談できる人を探しておいた方がいいですね。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です