【障害者】観光と農業そして福祉を結ぶ、持続可能なまちづくりプロジェクト

どうも、就労移行支援を受けているMです。

皆さん、栃木県の那須には遊びに行ったことありますか?

私は那須行ったような記憶があります(うろ覚え)

 

【GOODNEWS】栃木県・那須の地に誕生!観光と農業そして福祉を結ぶ、持続可能なまちづくりプロジェクトが始動します。

[株式会社GOODNEWS]

<2022年4月より、順次開業>
『バターのいとこ』を手掛ける「株式会社チャウス 」が、“食”をテーマに、社会(地域)課題をデザインによって解決することを目的としたプロデュース会社『株式会社GOODNEWS(所在地:栃木県那須町、代表取締役:宮本吾一)」を設立。

現在『バターのいとこ』カフェを構える通りに、ファクトリー、レストラン、コーヒーロースター、ベーカリー、ジェラートショップなどが連なる、自然豊かなまちづくりを目指します。
コンセプト“大きな食卓”のもと、食を通して様々な背景を持つ人が自由に関わり合いを持てる場所として、それぞれの施設に就労支援を組み合わせた多様な雇用を創出。

那須地域の資源でもある観光と農業に“福祉”を掛け合わせた“観福農”連携によって、皆が幸せになれる新たな産業づくりにチャレンジしていきます。

■株式会社GOODNEWSについて

“食“をテーマに社会(地域)課題をデザインによって解決することを目的とした商品づくりやまちづくり、仕組みづくりを行なうスタートアップ企業です。

チャウス、バターのいとこで培ったノウハウを活かし、「大きな食卓」というビジョンのもと、あらゆる背景を持った人たちが食を通じて繋がる場所をつくり、つくり手も買い手も働き手も関わる人全てが幸せになれるコミュニティづくりを目指しています。

■まちづくりプロジェクト第一弾!

就労支援を備えた、食品製造工場「GOOD NEWS FACTORY」が2022年4月にオープン
プロジェクトの第一弾は、那須高原エリアに菓子製造と食品製造を兼ね備えた約370坪の工場を新設。

現在、就労支援施設として「バターのいとこ」カフェに併設している製造工房を拡大させるだけでなく、地産のものや各地で課題を抱える素材を活かしたOEM商品等を請け負う地域の工場へと進化します。

引き続き、工場を就労支援施設として機能させることで、不足している障害者の働き場所を提案。

障害者に合わせた雇用環境から、小さな子供を持つ主婦など、様々な背景を持つ方にもフィットするインクルーシブな雇用を地域へと生み出していきます。

【引用元】https://www.jiji.com/jc/article?k=000000001.000086049&g=prt

 

障害者支援だけでなく、子育て支援にも目を向けている良いプロジェクトですね!(#^^#)

2022年だから…来年始動する感じなんですね。

市政モニターに参加した時、子育て支援についても話題になっていたことを思い出しました。

水戸は子育て支援も微妙なところだ、みたいな話が出ていたような気がします。

※市政モニターの提言内容は水戸市ホームページから確認できますので興味ある方は是非(*^^*)

参照▶https://www.city.mito.lg.jp/000271/000273/000280/000322/3650/p023478.html

そういや市政モニターの時、福祉について話題が出ていなかったような…( ;∀;)←ふと思い出したやつ

今年はどうなんだか知らんけど。

福祉関係の方々、来年是非市政モニターに参加して障害者福祉と支援について行政に反映させてください(/・ω・)/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です