【障害者】弱視のR-1王者・濱田祐太郎が持論「障害者にテレビでお笑いをさせないことこそが差別」

「R-1ぐらんぷり2018」の優勝者で、生まれつき全盲に近い弱視の漫談家・濱田祐太郎(32)が2日、自身のツイッターを更新。バラエティー番組と障がいについて、持論を述べた。

濱田は「バラエティーで障害のことをネタにするとすぐ関連団体が『差別を助長する』と抗議する。そうなるとテレビ局やスポンサーは障害者を使うのはやめようってなる。

当然差別は良くない、だから俺はテレビ局にもスポンサーにも関連団体にも言う。障害者にテレビでお笑いをさせないことこそが差別やろう」とツイート。障がいがある人がお笑い芸人として活動できるよう訴えた。

障がいとお笑いについては、NPO法人・日本吃音協会が1日までに、TBSに対し同局「水曜日のダウンタウン」(水曜後10・00)の放送内容に抗議文を送ったことを発表している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/567dbe9131e0301378b3c04f9dfe7717d43be870:YAHOO!JAPANニュースより引用

エナベルで就労移行支援を利用しているAです。

障がい側からしても難しい問題かもしれません。

私は障害者ですが、個人的に尊重しますね。

多種多様な意見を言える民主主義で

障害者があっても関係なく笑いを提供できる

という意味だと思います。

変な話かもしれませんが、

高年齢者や外国人にテレビでお笑いをさせないことこそが差別!!と議論したら、

皆さんはどう考えるのでしょうか?

障害者ににテレビでお笑いをさせないとなると、

濱田祐太郎さんの夢や仕事も奪うということになりますが、

納得できない視聴者の障害者もいるはずです。

なぜなら・・・関連団体が『差別を助長する』と抗議することに対して、

ん?私を障害者として扱っている?人として見ることができない?

と疑問が生まれるのではないでしょうか?

そんな障害者の気持ちを考え、議論してくれたんだと思うのですよね。

そう思わない障害者は見るか見ないかご自由です。

それに「障害者について知ってもらえるかもしれない」と捉えることができるかもしれません。

濱田祐太郎さん、これからも笑いはもっと自由な発想でやってもらってほしいです。

辛い試練もやってこようか、批判もされようが、濱田祐太郎さんは障害者ではなく・・・

濱田祐太郎としてのご活躍を応援しています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です