【障害者】入所者を殴る蹴る…職員を逮捕

和水町の障害者施設で入所者に暴行をしたとして施設の職員2人が逮捕された。

逮捕されたのは和水町の障害者支援施設「精粋園」の職員で生活支援員の橋本セナ容疑者23歳と古家龍一容疑者48歳の2人。

警察によると橋本容疑者は、去年10月、入所者の男性の胸付近を数回蹴ってケガをさせた疑いだ。

古家容疑者は、先月、別の入所者の男性の背中を数回殴る暴行をした疑いがもたれている。

去年10月、利用者から「職員に叩かれた」と別の職員に相談があり発覚した。

警察は2人の認否を明らかにしていない。

https://www.kkt.jp/nnn/news1002czvwencaclle7gi.html KKT!くまもと県民テレビから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

またもこのような事件が起こってしまいました。

障害者施設の入所者に対しての職員の暴力。

あまりにも多いこの手の事件にどうやら法律ができるようですが…。

早い法律制定、施行を望みます。

このような事件全然報道されてもなくならないですね。

ストレスはたまるんでしょうけど、それを入居者にあたってはダメですよ…。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です