【障害者】パン1個をもらいにも行けない。熊本地震で避難した障害者が語る「置き去り」の感覚

「熊本地震の被災地で、障害者は見えない存在になってしまった」

自らも被災した専門家や当事者たちは、そう語る。
(中略)
ある一家の話がある。

画家の乘富秀人さん(46)。妻と13歳の息子がおり、家族全員がろう者である「デフファミリー」だ。

熊本市内に暮らす乘富さんは、4月16日の「本震」後、近くの高校のグラウンドに避難し、3日間ほど過ごした。筆談でBuzzFeed Newsの取材に応じた乘富さんは言う。

「避難所ではろう者へ情報を伝える仕組みが整っていなかったため、まったく何もわからなかった」

避難所での案内は、すべて放送だった。耳の聞こえない乘富さん一家にとって、それは情報が何も伝わらないことを意味する。

周りの人が動き始めたとき、何かの放送があったのだろうと、内容もわからないままついて行ってみることしかできなかったという。
「朝食、夜食を配布するときもそれがわからなくて、みんなが並び始めたのに気がついて遅れてしまったがために、パン一個と水も、もらえないことがありました」
(中略)

「災害が起きたとき、障害者にまったく配慮ができていなかった。『特別扱いはできない』として、避難所は一般の人しか使えず、事実上、障害者が排除されることになったのです」
(中略)
そもそも、障害者にとって「バリアフリー」である避難所は、ほとんどなかったという。

https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/kumamoto-6months-2 Buzz Feed Newsより引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギの方のTです。

ちょうど今、台風15号(ファクサイ)の被害で千葉や茨城、神奈川の一部が大変なことになっているのでこんな記事を探してきました。

いざ災害が起こったとき、災害弱者に含まれる障害者はどういう扱いを受けたのだろう?どうしたらいいのだろう?

…と、まだまだ台風シーズンの最中の9月。また新たな災害が起こるかもしれないと思い、気になりました。

これは熊本地震の時の話ですが、かなり厳しい現状がこれだけで見えてきます。

皆必至だから、どうしても災害弱者にしわ寄せがきてしまうんですよね。

 

私もちょっと前にやはり台風が来て、一度避難指示が出て夜中に学校に避難したことがあります。

もうそこはプライバシーも何もないただひたすら身を寄せているだけの避難所でした。

私は認知症の母と避難をしたので、何かトラブったらどうしようと考えました。

何せ認知症だからなにするかわからないので…。私の病の方、不安障害とうつで気分最悪でしたが、

こんな人が大勢いる中、親を見守らなきゃ…とそれだけでした。

その時を思い出しても、特に障害者だからって配慮があるわけはありませんでした。高齢者や認知症等の人へへもそうです。

すべて案内は放送でした。数時間の避難でしたが、もしあの時私が耳が聞こえなかったら…と思うと怖いですね。

バリアフリーもへったくれもないです…orz

これからもたくさんの災害が日本を襲ってくると思います。台風だけに限らず、地震や火山の噴火等…。

その時少しは災害弱者に対して、優しくあってほしいと願います。

 

求められるガイドライン

普段から弱者である障害者は、災害時、よりいっそう困難な暮らしを強いられる。これまでの地震で得られた教訓を今後にどういかしていくべきなのか。
「障害者は、一般の人であればなんでもないことが大変になることが、たくさんあります。しかし誰でも困っている災害時に心に余裕がなくなると、『配慮』なんて頭からなくなってしまう。だからこそ、普段から仕組みを整えていくことが大切なんです」

https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/kumamoto-6months-2 Buzz Feed Newsより引用

普段から有事の際を考えて、ガイドラインの作成が求められますね。

健常者から見たらなんでもないことでも、障害者にとってはつらいこともたくさんあります。

もしまた東日本大震災や台風で逃げなきゃいけない事があったら…と、思うととても他人事とは思えません。

今、千葉の障害者の人たちは無事なんでしょうか? 何事もなく過ごせているのでしょうか?

インスタグラムで千葉県の事業所さんとフォロー&フォロワーになってますが、その事業所はどうなっているのでしょうか?

どうか何事もないことを、茨城の空から祈ります…

こんなサイトも見つけました。どうか少しでもお役にたてれば…

災害時障害者のためのサイトhttp://www6.nhk.or.jp/heart-net/special/saigai/index.html?tab=about#Main

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です