【障害者】ココがズレてる健常者 障害者100人がモノ申す!

「ココがズレてる健常者 障害者100人が物申す」という番組を紹介します。

この番組はっきり言ってすごいんです。100人の障害者が、それぞれ健常者への「ここがズレてる」と思うエピソードを持参してスタジオで発表します。

それを受けてこの7人の健常者ゲストたちと腹を割ってガチバトルするという前代未聞の番組。

 

例えば、脳性麻痺の畑さんが思う健常者のズレてるポイントがこちら。「こっちが悪いのに謝られる」。

畑さん:

「手や足が当たったらね、健常者側からごめんなさいって謝るんですよ。これがズレてるんですよ!」

千原ジュニアさん:

「それはちょっと考えすぎなとこもあるかもわかりませんよ?健常者同士でも普通にバンと当たってすいませんっていうことありますもん」

他にも視覚障害の川田さんはこんなエピソード。

(中略)

メインMCは放送作家の鈴木おさむさん。実は鈴木さんがこの番組の発案者なんです。

(中略)

鈴木さん:

「健常者は障害者の方に気を遣いすぎている部分があって、障害者は障害者の方で健常者の人に気を遣っている部分があるじゃないですか。そういう部分をお互いが腹を割って話すことが意外とないよなって」

障害者の方が言っていたズレてるエピソードも、大部分が「気を使わないでほしい」というものでした。

そこで番組では、実際に障害者はどんな風に気を使われてしまうのか?を見るためにドッキリを敢行。「もし、カフェの店員さんの腕に障害があったら?」というテーマでザブングルの加藤さん、小島よしおさんを標的に実験。すると意外な結果になったんです。

更に、障害者の要望を聞くコーナーでは、義足の大西さんが「片足だから、足やせエステは半額にして!」という想いを告白。実際にエステ店に突撃し交渉したんですよ。

大西さん:

「足1本しかないんですよ。右足義足で。半額になったりしますか?」

いったい、どうなったんでしょう!

https://www.nhk.or.jp/osaka-blog/program/258992.html NHK関西ブログから引用

 

この番組、2016年の12月に放送があったみたいですね。

知ってたら見ていたのになあ…。面白そうですよね。障害者と健常者のガチバトル。

Eテレの福祉番組「バリバラ」から派生した番組みたいですが、こういうバラエティ番組はどんどんやってほしいですね。

アレコレと障害者を変に美化しないで、見せしめみたいにしないで。

バラエティ番組だから、再放送はないでしょうけど、これみたいですね。アーカイブスにあったら見たいですね。

某民間放送のチャリティー番組みたいじゃなく、こういうノリでやってほしいです。

ドラマにしても重くなっちゃうからなあ…orz

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です