【障害者】「福祉車両」貸し出します いわき、障害者や高齢者の家族向け

いわき市でデイサービス介護事業などを展開するi―step(アイ・ステップ)は4日、障害者や高齢者の家族向けに福祉車両の貸し出しを始めた。
施設の利用者や家族から、福祉車両が手頃に利用できないことや自家用車での旅行や通院が難しいことなど悩みが寄せられた。

同社は、安心して移動できる環境を整えようとレンタル事業を計画。リフト付き福祉車両9台、車いすと歩行器を5台ずつ準備した。

同市平のアイ・ステップの事務所で同日、事業開始を記念したテープカットが行われた。

藤井秀徳社長が「移動を通じて利用者の喜びを生んでいきたい」とあいさつ。藤井社長や利用者がテープカットした。

軽自動車は3時間2500円から利用できる。新型コロナウイルス感染対策のため、車両の消毒作業を徹底する。電話で利用を受け付ける。

https://www.minyu-net.com/news/news/FM20200908-534373.php 福島民友新聞から引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

福祉車両のレンタル。普通のレンタルカーではなかなかないですよね。

普通車だとなかなか車椅子の人だと利用しずらいですからね、こういうサービスがあるのは助かりますね。

デイサービス事業者だからこそ思いついたサービスなんでしょうね。

バスに乗るだけでも、対応してるとはいえアレコレと大変そうです。もっと気軽に乗れればいいんですけどね。

身体障害がある人は特に大変ですよね。私の母も車椅子をよく使います。盲目なので…

茨城でもこういうサービスができてくれると嬉しいですね。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です