【障害者】「気持ちが抑えられずやった」 障害者施設で暴行

埼玉県の障害者施設で、代表の男が、入所者の女性に性的暴行をした疑いで逮捕された事件で、男が「気持ちが抑えられずやった」と供述していることがわかった。

久喜市のグループホーム「にゃわんはうす」代表理事の生方俊彦容疑者(54)は2020年7月、入所者の20代の女性に対し、幸手市の自宅で、性的暴行をした疑いが持たれている。

生方容疑者は、「気持ちが抑えられずやった。同意があると思った」と供述しているという。

被害にあった女性は、6月ごろから複数回、生方容疑者の自宅に行くことがあったという。

https://www.fnn.jp/articles/CX/84655 FNNプライムオンラインより引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

またこのような事件が埼玉で起きました。

被害に遭った女性は複数回容疑者の自宅に行くことがあったという…というのが、信頼から行ったように思うだけに

こんなことをやらかした代表理事の容疑者が許せません。

信頼を踏みにじる行為です。元から容疑者は狙っていたのでしょうかね?

そう思うともっと許せなくなりますね。

もうこういった事件は起きないようにしてほしいです。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です