【障害者】「ヘルプマーク」を付けた彼が、電車の中で怒鳴り声を上げたやり切れない理由

先日取材に向かうため電車に乗っていた。座席は埋まっているものの、そこそこ空いており、いわゆる「狛犬ポジション」(ドアの両端)に人が立っている程度だった。腰を痛めている私は座席に座っており、スマホに目を落としていた。

「このカードが見えねぇのかよ!」

すると、突然「このカードが見えねぇのかよ!」と怒鳴る男性の声が車内に響き渡った。私が座っている座席のもう1つ向こうのシートで20代半ばくらいの男性がうつむき加減で興奮している。

よく見ると、彼のリュックには赤地に白の十字とハートマークが描かれたヘルプマークがぶら下がっている。すぐにその男性の目の前に座っていたサラリーマンらしきスーツ姿の男性2人が何も言わずに立ち去った。

そして、その空いた2席のどちらかに座るのかと思っていたら、なんとこちらへ怒鳴った男性がのしのしとやって来るではないか。譲ってもらった席には座らないの……? 恐怖でフリーズしてしまった。できるだけ興奮させないよう、顔を見ないようにしよう……。

そう思っていると、私の2つ隣に座っていた人が無言で立ち上がり去っていった。そしてさっきまで怒鳴っていた男性は何も言わずにその席に座り、スマホをいじり始めた。

(中略)

このヘルプマークは都営の地下鉄の駅や一部の鉄道会社の駅、一部の医療機関などで無料配布されており、もらう際に審査などはない。表面に十字とハートのマーク、裏面には障害や疾病についての詳細や緊急時にどう援助してほしいか、緊急連絡先などを書き込めるようになっている。

私は発達障害の当事者を取材することも多いが、発達障害当事者もヘルプマークを付けている人を時おり見かける。多くは、発達障害の特性そのものというより、二次障害によるパニック障害、社会不安障害などの症状が出た際のためにつけているようだ。

私も虫垂炎の手術直後10日間ほど傷口が痛み、電車で立っているのがしんどくてヘルプマークが欲しいと探したが、なかなか配布駅に巡り会えず、そうこうしているうちに傷口の痛みは癒えた。

また、最近ではTwitterでヘルプマークを付けている人がお盆で帰省した際、ヘルプマークを見た親戚に嫌な顔をされたといった内容のツイートがバズっていた。未だに閉鎖的な田舎では親類に障害者がいると恥ずかしいという偏見が残っている地域もあるようだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190913-00579676-shincho-soci Yahoo!Japanニュース/デイリー新潮から引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギの方のTです。

ヘルプカードがまだ浸透されてないのか…こんな事件が。うーん、事の顛末を聞くと、どうもやりきれないですね…。

声を荒げたくなる気持ちもわかりますが…。静かな電車内で起こったら、同じ障害者の私でも恐怖してしまうかも。言いたいことはわかるけど…。

私はとりあえずパニック障害の発作が怖くてヘルプマークを付けてます。付けてると少し安心するので…。

でも田舎に行くと、親戚に嫌な顔をされるんですか…親類に障害者が居ると恥ずかしいって偏見がまだ残っているんですね。

ここ、茨城、水戸はどうなんでしょうね。

茨城も田舎ですから、まだ残ってる地方あるかもしれませんね…。早くそういう偏見はなくなって欲しいんですけどね…。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です