【茨城水戸情報】JR東日本水戸支社が水郡線サイクルトレイン動画公開 沿線の魅力発信

JR東日本水戸支社が6月17日、水戸と福島県郡山市を結ぶ水郡線で展開する「水郡線サイクルトレイン」動画の公開を始めた。

自転車を解体せずそのまま載せて運べる「サイクルトレイン」。

2021年5月~今年3月までの期間限定で運行していたが、4月から通年での運行としている。

今回は上菅谷駅からサイクリストの篠さんが自転車と共に列車に乗り込み、降車駅から沿線のグルメやスイーツ、サイクリングを楽しむ様子を撮影し、3分10秒の動画にまとめた。

動画は今年1月に公開した「水郡線サイクルトレイン」プロモーション動画の第2弾。

「水郡線サイクルトレイン」の対象区間は上菅谷駅~磐城石川駅間と上菅谷駅~常陸太田駅間。駅員がいる上菅谷駅、常陸大宮駅、常陸大子駅、磐城石川駅、常陸太田駅の5駅で乗降できる。

運行日は土曜・日曜・祝日で、混雑が予想される日は中止する。

同支社販売課スタッフは「新緑あふれる車窓やサイクリングコースを体感できる内容。

奥久慈のスイーツやグルメも紹介しており、これからの季節に、サイクリングに出かけたくなる動画。

この機会に水郡線サイクルトレインを利用して奥久慈サイクリングの魅力を体感いただけたら」と呼びかける。

動画はJR東日本公式YouTubeチャンネルで閲覧できる。

引用元:https://mito.keizai.biz/headline/2148/

 

こんにちは、エナベルで就労移行支援を利用しているAです。

7月〜12月の予約がスタートしたそうですね。

 5つの駅のどこでも、自転車をそのまま押して乗り降りできるとは!(^^)!

サイクリストにやさしいおもてなしサービスを充実させている茨城県の持つ魅力をもっと多くの人に届けるとよいなーと思います。

この機会にぜひ、水郡線サイクルトレインを利用して奥久慈サイクリングの魅力を体感してみてはいかがですか?

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です