【茨城水戸情報】水戸市・新市民会館 国道上空通路、秋ごろ着工 京成百貨店と結ぶ37メートル

水戸市泉町に建設が進む新市民会館に関連し、市は22日までに、京成百貨店と結ぶ国道50号の上空通路(横断歩道橋)について設計概要などを明らかにした。
概算工事費は5億4千万円。秋ごろに着工し、2023年7月の新市民会館オープンに合わせて供用開始する。市議会新市民会館整備等調査特別委員会で報告した。

市建設計画課などによると、上空通路は建物間を2階部分で結ぶ。

(中略)
階段は京成百貨店側の南に1カ所設け、長さ14.5メートル、幅2メートル。
新市民会館側は同施設の階段を利用することになる。橋脚は国道の両側に2本ずつ、泉町横断地下道のエレベーター付近に建てる。

https://nordot.app/791082787367288832 茨城新聞クロスアイから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギのTです。

5億4千万もかけて着工するようですが、要る?

横断歩道が目の前にあるんだからそれを渡ればいいんじゃ…と思ってしまうんですけどね。

どうしても京成百貨店と結びたいのかなあ…。

陸橋は昔ありましたが、撤去され特に不都合ないような。

市民会館だからお客さん入るだろうってことで結ぶのかな?

私にはよくわかりません。なんか無駄に使われてないかな…税金。

そんなこと思ってしまいます、この事業…。私だけかなあ??

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です