【茨城水戸情報】川又書店プラムストリート店、8月31日をもって閉店

エナベル水戸駅南で就労移行支援を受けているKです。

川又書店プラムストリート店が、2021年8月31日(火)をもって閉店するそうです。

 

川又書店プラムストリート店 閉店のお知らせ https://book-ace.co.jp/topics/news/1614/

 

駅の改札から南口の通路に展開されているプラムストリートのお店の一つである川又書店。エナベルの行きや帰りにたまにぶらりと立ち寄ったりしていたので、残念です。

エクセル5階の川又書店は残るそうなので、そこはよかったと思います。5階の川又書店はスタバでフラペチーノやコーヒーをのみながら本が楽しめる、癒しスポットなので、なくならないでほしいなあ…

マルイからオーパに移転した文教堂書店も2019年の9月にひっそりと閉店していたことが記憶に新しいですが、水戸駅ビル周辺の書店は厳しい状況なのでしょうか。郊外の中古書店や図書館はけっこう車が停まっていたのですが、そこでは本が安く手に入るので人気がとられてしまったのでしょうか。あと駅周辺は人の通りが多いので密回避で通販などを利用する人が増えたのかもしれませんね。

Kとしては新書店も古書店も図書館も捨てがたい存在なので、どれも消えないでほしいのですが、現実は厳しいものですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です