【茨城水戸情報】千波湖「環状の橋」星野リゾート案、頓挫か 県有識者委で賛成意見なし

水戸市の千波湖周辺に円環状の橋を建設する案が頓挫しそうだ。

県から委託を受けた総合リゾート運営会社「星野リゾート」(長野県軽井沢町)が魅力向上策として打ち出したが、千波湖や偕楽園の整備指針「偕楽園魅力向上アクションプラン」を検討する県の有識者委員会の支持を得られず、橋建設案がプランに盛り込まれない可能性が高くなっているからだ。 

「偕楽園魅力向上アクションプラン検討会」は三日に非公開で開かれた。終了後、取材に応じた町田誠座長(元国土交通省公園緑地・景観課長)は「プランの大枠は固まった」とした上で、橋建設案について「将来にわたって大きな財政負担を残すであろう建造物を、積極的に造るべきだとする委員はいなかった」と明かした。

星野リゾートは昨年十月末、水戸市中心部の活性化策を盛り込んだ「偕楽園・歴史館エリア観光魅力向上構想」を県に提出した。

「Mito(みと) Link(リンク)」と名付けられた円環状の橋は、鉄道や道路、土地の高低差で分断されている千波湖や偕楽園、偕楽園拡張部の各地域を中心市街地とつなぎ、回遊性のある街づくりを目指す。大胆なアイデアが話題を呼ぶ一方、建設コストや景観保持の面から実現性を疑問視する声も強かった。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/202003/CK2020031302000164.html?ref=hourly 東京新聞より引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギの方のTです。

私の中ではやっぱりか…と思っています。やる必要性がまったく感じられなかったからです。

「星野リゾート」というブランド名だけで、なんでもやらせるのはよろしくないと思っていました。

今の景観で千波湖は十分です。そこに橋を架ける必要がどこに??と。

申し訳ないですけど、頓挫万歳と思っていたりする私です(汗)

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です