【茨城水戸情報】今年も「砂浜図書館」が大洗に10月16日から2週間登場!

こんにちは、就労移行支援を受けているAです。
先日、Instagramで見つけた面白い情報をお届けします。

砂浜図書館(大洗サンビーチ)

 

この2年、コロナ禍で全国各地の海⽔浴場がクローズとなった。茨城県の⼤洗観光協会は、何とかこの不安定な状況下で、ビーチを活用し人々の沈んだ心を取り戻せないかと考えた。そして、2020年彼らは「砂浜図書館」と題し、大洗のビーチで本を読むという何ともユニークなイベントを開催したのだ。イベントはTV各局、新聞各社でも大きく取り上げられ、⼤反響を呼んだ。
【引用元:https://livhub.jp/news/sunabe-library-2021.html

 

ユニークな海辺の図書館ですね!!

友人からちらっと聞いたのですが、2020年に「砂浜図書館」期間中の土曜の夜は発光ダイオード(LED)の入った「スカイランタン」約500個を浮かべる企画、日曜の夜はキャンドルをともす企画も催したようです。

素敵・・・。

静かな夜の砂浜に“ゆらゆら”温かい灯りが揺れる光景は幻想的なんだろうな~とすごく気になりますね。

 


大洗観光協会は『ビーチの新しい活用法』をテーマに『砂浜図書館』を開設しました。
ビーチの砂浜の一部をタープエリアとパラソルエリアに分け、イスやテーブルを設置。津波避難施設(ビーチセンター)に設けられた受付で消毒・利用者登録を済ませ、気に入った本を選び、海の雰囲気を感じながら読書を楽しむ事が出来ます。

2021年秋の開催期間は10月16日(土)~10月31日(日)となります(雨天・強風中止)。
寒くなる事も予想されますので、防寒対策をお願い致します。


土曜日・日曜日は、予約優先となっているみたいので、
予約フォームは追って観光協会ページにて展開するそうです。

日常ではなかなか体験することのできないので、行けるなら行ってみようと。
(幼児や犬連れもOKだそう。ただ、他のお客様のご迷惑とならないようにだけお気をつけましょう!!)

興味のある方は、気分転換のために足を運んでみてはいかがでしょうか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です