【科学】ロマンスの神様は太陽?

どうも、就労移行支援を受けているMです。

今回は、ちょっとロマンチックな話題となります。

 

ロマンスの神様は太陽なのかも。紫外線が性的感情を高めるとする研究結果

ロマンスの神様は太陽なのかもしれない。太陽光を浴びることで、男女ともに性的感情が高まるという研究結果が報告された。
『Cell Reports』(21年8月24日付)に掲載された研究では、太陽の光に含まれる紫外線が、性ホルモンの分泌と関係していることを明らかにしている。

夏が性的欲求を刺激する謎

夏になると男性の「テストステロン」(男性の主要な性ホルモン)が増えることは以前から知られていた。

これは、太陽の紫外線が性行動やホルモンの制御に関係しているのではと考えられている。
一見無関係に思える太陽の光と性行動に関連があるのはなぜなのか?

イスラエル、テルアビブ大学のカーミット・レヴィ教授らは、その詳しいメカニズムを探るべく次の3つの実験を行なった。

紫外線B波を浴びることで性的欲求が高まる

最初の実験では、マウスに「紫外線B波(UVB)」を浴びせて、その変化を観察した。
紫外線B波とは、波長が320~400ナノメートルの紫外線のことで、日光を浴びて日焼けしたり、肌が赤くなってしまう原因でもある。
その結果、メスのホルモン値が大幅に上昇して、卵巣が大きくなり、さらに発情期まで長くなることが確認されたという。
それだけでなく、オスとメスが惹かれ合い、どちらも交尾により積極的に応じるようにもなった。

男女とも恋愛感情が高まるが、男性は攻撃性が高まる

最後の実験では、今度は人間の男女(32名)に参加してもらい、紫外線B波を浴びた後で、恋愛感情や攻撃性といった気分がどのように変化したか回答してもらっている。
そしてこちらでもマウスと同じように、男女ともに恋愛感情が高まった。だが、男性は攻撃性も高まることが明らかになったという。
また2日間日光を浴びなかった後で、25分ほど日光浴をしてもらったときでも同じような結果が観察されている。

たとえば血液検査では、男性のテストステロンの増加が認められたそうだ。

ロマンスの神様は夏の太陽

一夏の恋なんて言葉があるように、夏に開放的になる理由は太陽が関係していたのかもしれない。

だとすると夏の太陽はロマンスの神様ってことだ。

【引用元】https://karapaia.com/archives/52305366.html【カラパイア速報】

 

 

夏って肌の露出も増えるし、それも相乗効果となってテンション高くなる感じなんですかね(‘Д’)

だから、夏フェスや夏のクラブイベントってやたらナンパが多いんですね。

(ナンパに遭ったことないから知らんけど)

男性側が太陽で少々攻撃性が高まるという結果が気になりますね。

夏でふと思ったのですが、夏の終わりのあの切ない感じになるのは何でしょう(;^ω^)

ヒグラシの声を聞くと、めっちゃ寂し~くなる(笑)

シャドーコリドーってゲームを思い出す。

ガッチマンさんの「はい皆さん、こんばんは」が好きなんですよね( *´艸`)

ちょっと乙女な記事でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です