【引きこもり】引きこもりは声が出ない?声がでなくなったら対策を!

引きこもり生活が長くなると、人は声が出にくくなってしまいます。
コミュニケーションができなくなる
人付き合いが苦手になる
社会復帰が難しくなる
上記のような事柄が挙げられます。

(中略)
結論から申しますと、声帯周りの筋肉が衰えることが原因です。

声帯周りの筋肉は普段から使っておかないと弱ってしまいます。

普段気にしない筋肉でしょうが、実は我々は会話で使っているから気にならないだけ。
(中略)

声がもしも出なくなってしまったor出にくくなった場合、以下の対策を行いましょう。

家族や友人と会話(通話)する
一人カラオケに行く
https://hiki-writer.com/2018/11/08/koe-denai/ ヒキライターから引用

 

エナベルで就労移行支援を受けています、ウサギの方のTです。

私も一時プチ引きこもりだったことがあって、引きこもりになると誰とも話さなくなるから、声が出なくなるというのはわかります。

私は部屋から出られて、母とその頃は暮らしてましたので、最低限の会話や挨拶はあったので。

でも最低限の会話ですから、コミュニケーション能力も恐ろしく下がりますね。人が怖くなったりして人付き合いから逃げていきます。

人と会話をするという事は大切です。一人暮らしだとそこが難しいのですが、なんとか確保したいですね。

一人カラオケは苦手な人もいると思うので、せめて家族との会話を…と。

会話の確保は大事です。声を出すことは大切です。ホントに…

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です