【就労支援】就労移行支援のカリキュラムと企業実習の違い

就労移行支援のカリキュラムと企業実習の違い

これから改善していくポイントとして、前章でも申し上げましたが生活リズムの改善ですね。これは、就職してからではとても間に合いません。「今日やることは今日やる」と最近考えるようになりました。2つ目のポイントとしまして今回の実習を教訓として今後のカリキュラムに関して、前向きに取り組むことですね。今回の実習で生かせたこともありましたのでどんなカリキュラムも私が志望する事務職に通用するものだとわかりました。さて、今後の目標についてですが、改めて就職について前向きに考えることですね。これは、私にとっての最終目標でもあります。今回の職場体験における企業実習に参加させていただきましてこれまでにも増して就職に向けて前向きに感じるようになりました。実習に参加してよかったと感じました。

こんにちは、エナベルで就労支援を受けているOです。

確かに就労支援は仕事そのものを学ぶよりも、生活リズムや持続力などを身につける場だと思ったほうがいいみたいですね。

私も少しずつ生活リズムが慣れてきました。

やはり、毎日通うって大変ですし、大事なことですよね。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です