【#太宰府まほろば衆】パイン2キロチャレンジ・16の性格診断【オンライントーク】

昨日は、まほ衆のチャンネル登録者数2000人突破記念動画と友達とのオンライン通話と盛りだくさんな日でした。

どうも、就労移行支援を受けているMです。

まずは、まほ衆からお届け。

 

 

まほ衆メンバーの一人である森さんが達成記念企画でパイナップル2キロチャレンジしてました!!

パイナップル3個分!!森さんパイナップル好きだそうで(笑)

パインカットももちろん森さん自ら。さすが職人、お手の物。

森さんが動画内で「皆さんは酢豚に入ってるパインって好きなんすかね?」

と、言っておりました。

皆さんどうでしょう?我が家は酢豚にパイン入ってるってことがあまりなかったので想像できませんが…。

是非森さんへコメントしてみよう!

ちなみにパイナップル食べた時にヒリヒリするのはタンパク質が壊されているらしいです。食べ過ぎにはご注意を。

 

次に友達とのオンライントークで出た話から。

皆さん、16の性格診断はご存知でしょうか?

 

16Personalities は、無料・登録なしで簡単に受けられるネット性格分類テストです。

(中略)

世界中で使われている「性格分類ツール」です。

MBTIという方法論がこのテストのベースになっていて、アメリカではMBTIの方がポピュラーのようです。

公式サイトから簡単にテストが受けられます。

これまでにテストを受けられた総数、2億7千万回以上!

公式サイト「16Personalities」は38ヶ国語に翻訳されていて、全世界の人たちがこのテストを受けています。

その総数、なんと(延べ)2億7千万回以上!

無料・登録不要という気軽さが受けているのでしょうね。

概要:2種類の哲学・心理学がベースになっている

「16パーソナリティー性格診断テスト(16Personalities)」は2種類の哲学・心理学をベースに作られています。

  • ユング心理学的類型論
  • MBTI性格検査

ユングはスイス出身の有名な心理学者で「心理学的類型論」は1921年に発表された彼の代表作。

MBTIはユングの「心理学的類型論」をベースにして進化・発展させたメソッドです。

「16パーソナリティー性格診断(16Personalities)」は、MBTIの要素を簡略化した性格テストです。

元祖「16Personalities」?

MBTIとは「Myers-Briggs Type Indicator」の頭文字で、マイヤーズさんとブリッグスさんという2人(母娘)によって研究開発された、タイプ・インジケーター。つまり「自己理解メソッド(方法論)」です。

アメリカだと「MBTI」はポピュラーなようです。日本人が血液型で性格を判断したがるみたいに、アメリカ人はMBTIで分類するんだとか。合理的な国民性ですね。

【引用元】https://iwamishinji.com/tools/16personalities/

 

私の友人の一人がアメリカ留学の経験があるそうで、恐らくその時に知ったのかなぁと思います。

正式名称は引用元に書いてある通り「16Personalities」です。

試したところ、私は「主人公型」と出ました!

ざっくり言うと、人を導くことに向いているらしいですね。昔とだいぶ変わったなぁ。

しかも、エナベルのグループワークでたまに出るユングの心理学と関係あるとは(笑)面白いですねぇ。

友人曰く「就活の自己分析に使えるよ!」と話してました。

これはマジで良い収穫だと思い、エナベルに持ち込んできました。

予想通りスタッフの食いつきが良かったです(ドヤ顔)やったぜ、友人。

 

皆さんも「16Personalities(16の性格診断)」試しに受けてみてはどうでしょう?

新たな自分自身を知ることができますよ!

下記サイトから是非お試しください!

 

16Personalities

https://www.16personalities.com/ja

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です