【天体】スーパームーンで皆既月食

さあ、今月も満月がやって来る。しかも今回の満月は普通の満月ではない。

スーパームーンが皆既月食を伴ってやってくるのだ。
5月26日(水)20時頃、今年一番大きいスーパームーンが、皆既月食により赤銅色に染まっていくというのだから見ないわけにはいかないじゃないか。

しかも日本の広い範囲で観測のチャンスがあるという。
梅雨前線のあるこの時期、天気は短い周期で変化しているのでギリギリになるまでどうなるかわからないが、夜になったら空にロックオンし、一瞬のチャンスを見逃さないようにしよう。

2021年5月26日はスーパームーンの皆既月食

地球を回る月の軌道は楕円形のため、軌道上のどこで満月になるかによって、満月の大きさが変わる。

スーパームーンは楕円軌道における月の地球への最接近が重なることにより、地球から見た月が一番大きく見える。
そのスーパームーンが皆既月食になるのは実に2015年9月以来、6年ぶりになるという。(皆既月食のみなら2018年7月以来3年ぶり)
皆既月食は、太陽からの光によってできた地球の影の中を月が通過するときに見られる現象だ。

月の全てが本影(太陽光がほぼ遮られた濃い影)に入り込むと皆既食となり、月は赤銅色に染まる。

見頃はいつ?方角は?

国立天文台によると、月は18時45分から欠け始め、20時09分に皆既食となり赤銅色に染まる。

スーパームーン・皆既月食の見頃:2021年5月26日(水)
部分食の始まり 18:45
皆既食の始まり 20:09
最大食      20:19
皆既食の終わり 20:28
部分食の終わり 21:53

皆既食は20時28分に終わり、その後は徐々に欠けた部分が小さくなっていき、21時53分に部分食が終わる。

ということでチャンスは20時前後、月が現れる方角は南東だ。

【引用元】https://karapaia.com/archives/52302401.html【カラパイア速報】

 

狩人たちが獣狩りの夜に繰り出すんですね、分かります(フロム脳暴走中)

赤い月は厨二心の血が滾りますねぇ!

月食は通称ブラッドムーンとも呼ばれております。物騒な名前ですが、フロム民は気にしないでしょう。

むしろ上位者を求める狩人だろう(分かる人には分かるネタ)

どうも、就労移行支援を受けているMです。

似たようなやつにストロベリームーンがありますが、あれとは色味がだいぶ違いますし、出現の仕組みも異なります。\ハム?知らんな/

調べたところによるとストロベリームーンは夕焼けと同じ原理らしいですね。

茨城は果たして月食を見れるのだろうか?獣狩りの夜となるのだろうか。

天気が心配ですが、レアな天体ショー見れる方は是非見てください!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です