【動物】ハスキー子犬を世話するカピバラさん(動画付き)

どうも、就労移行支援を受けているMです。

ネット見てたら、スタッフMさんが好きそうな記事がありました。

 

和み。カピバラがハスキーの子犬たちを辛抱強くお世話中

4匹のハスキーの子犬たちの面倒をみているのは、カピバラである。母親は砂漠地帯で発見、保護されたのだが栄養失調状態で安静が必要である。
そこで親代わりを引き受けてくれたのはカピバラのジョージョーだ。

子犬たちはやんちゃで好奇心旺盛、遊びたいさかりで、ジョージョーを齧ったり、登ったりと落ち着かない様子だが、ジョージョーは辛抱強く彼らを見守り続けている。

4匹のハスキーの子犬の親代わりとなったカピバラ

ある日、砂漠地帯で妊娠中のハスキーがさまよっているのを発見され、その後保護された。

数日後に4匹の子供たちを産んだが、ひどい栄養失調状態でしばらくは安静が必要だ。
母犬の健康状態が回復するまで、子犬たちの面倒を見てくれたのは、カピバラのジョージョーである。
ジョージョーはやんちゃな子犬たちにいつも囲まれながら、小犬たちをびっくりさせないよう、おだやかに、慎重にお世話した。

(中略)

子犬たちに体のあちこちを噛みつかれることもある。

それでもジョージョーはどこかに行ってしまうことはない。

そっと振り払い、その場にとどまり続ける。
ジョージョーの安定感は半端ない。

その穏やかな愛情に包まれ、子犬たちはすくすくと成長している間に母犬も回復した。
母犬と子犬たちの準備が整ったところで、全員に永遠の家が見つかったそうだ。

カピバラの聖母伝説は健在だったようだ。

【引用元】https://karapaia.com/archives/52305574.html【カラパイア速報】

 

何やられても何一つ嫌な顔しないのさすがカピバラパイセン。

普通に冷静だし、常にどっしりしてるの凄すぎます(笑)

何故カピバラさんが子犬たちを世話することになったのか、事の経緯を見ると良い話ですね(*´Д`)

そのあともすくすく育って家が見つかって良かったですね(*^^*)

このカピバラさん、スタッフMさんが飛び入りで混じっても安心ですね(?)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です